« 『中小企業の理論と政策 -フランスにみる潮流と課題』 | トップページ | KRP (Kyoto Research Park) 見学 »

グルメ杵屋株主総会 

グルメ杵屋の株主総会を見学してまいりました。
4回目です。
外食産業を取り巻く環境は厳しく、4年間で業績は下降の一途。
しかし、今年4月に就任した新社長=創業者の息子さん
は、株主からの「まずくなった」の指摘に対して、
「ご指摘のとおりです」と素直の認めたうえで、
「ねぎの切り方、揚げの作り方から、一から出直すつもりで、味を見直します。 味の立て直しなくして、業績のV字回復はない」と宣言していました。
逆境下、がんばる二代目社長の声に感動しました。
危機管理とリーダーシップの条件は、
「コミュニケーション」能力だと思います。
コミュニケーション能力に優れた新社長のリーダーシップによって、
必ずや業績V字回復してほしいと感じました。

« 『中小企業の理論と政策 -フランスにみる潮流と課題』 | トップページ | KRP (Kyoto Research Park) 見学 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グルメ杵屋株主総会 :

« 『中小企業の理論と政策 -フランスにみる潮流と課題』 | トップページ | KRP (Kyoto Research Park) 見学 »