« 放送大学 「生活リスクマネジメント」 ゲスト出演 | トップページ | 怒らないこと 役立つ初期仏教法話1 »

石井兄弟社 アンテナ・プレスクール 訪問

石井至さんが、現在発売中の毎日新聞社『エコノミスト・マネー』誌2010年9月号の連載されているコラムの中で、関西大学の高槻ミューズキャンパス、関西大学社会安全学部、関西大学初等部について書いて下さった。 

昨日の放送大学 千葉でのラジオゲスト出演から、東京へ移動。

原宿、竹下通りの一室にある石井兄弟社、小学校お受験塾であるアンテナ・プレスクールに石井至社長を訪ねる。

北海道出身。東京大学医学部卒業、同修士課程修了。 しかし、医者にはならず、あえて、外資系金融機関に勤務。 ここで、数学力を活かして金融派生商品(デリバティブ)の開発で、日本におけるパイオニアとなる。

若くして引退。 (外資系金融機関におけるデリバティブの専門家として、おそらく相当稼がれたからだろうか。)

お子様のお受験。このとき、お受験産業の未熟さを実感し、自ら、お受験塾アンテナ・プレスクールを立ち上げた。 もちろん、金融のプロとして、金融関係のコンサルティングも継続されている。 顧客として、途上国の政府。

いろいろと情報交換をしてから、ポルシェで、六本木ヒルズに移動して、会員制のフロアでお昼ご飯をごちそうになった。

起業家たるもの、流石、逆境をの乗り越えて、今ある組織を構築されたということのまた新たな例。

« 放送大学 「生活リスクマネジメント」 ゲスト出演 | トップページ | 怒らないこと 役立つ初期仏教法話1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石井兄弟社 アンテナ・プレスクール 訪問:

« 放送大学 「生活リスクマネジメント」 ゲスト出演 | トップページ | 怒らないこと 役立つ初期仏教法話1 »