« 『トリュフォーの思春期』(L'Argent de Poche:おこづかい)の舞台 | トップページ | 開発者を招いての「クロスロード」勉強会 »

BCAO

BCAOという事業継続マネジメント(BCM)や事業継続計画(BCP)を普及している団体の会合に出席。

自分の研究領域についてプレゼンした。

象牙の塔からの考察に基づくプレゼンであったが、意外とBCAOの方が評価して下さった。

話ししたのは、「いろいろなフレームワーク」について。

これまでの研究で自分で考案したフレームワークや、他の人が考案して活用してきたフレームワークについて紹介した。

☆「バンカシュランス戦略」から

「多角化におけるイノヴェーションの3つの軸」

「多角化成功要因:ABCDE」

☆保険マーケティング研究から

「Servuction (Service + Production)」

☆「フランス企業の経営戦略とリスクマネジメント」「経営者とリスクテーキング」から

「Informationモデル」

「リスクマネジメントの2つのC:組織における調整とリスク・コミュニケーション」

「危機管理とリーダーシップ」

「組織づくりから人づくりへ」

☆「基本リスクマネジメント用語辞典」から

「リスク感性の向上法」

☆「ワイン・ウォーズ」から

「中小企業の事業承継問題のリスクの特徴」

「ファミリー企業のリスクマネジメント」

「テロワール (気候・土地・人)の考え方」

☆その他

「COSOII ERMモデルの限界」

「誰が猫の首に鈴をつけるか:経営者の暴走をどう防ぐか」

« 『トリュフォーの思春期』(L'Argent de Poche:おこづかい)の舞台 | トップページ | 開発者を招いての「クロスロード」勉強会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BCAO:

« 『トリュフォーの思春期』(L'Argent de Poche:おこづかい)の舞台 | トップページ | 開発者を招いての「クロスロード」勉強会 »