« 卒業式 (午後)  Graduation Ceremony (pm) | トップページ | 万博マラソン 名フォトグラファーによる写真 Expo'70 Marathon »

若き偉大な学者による仕上げ Communication

2012年3月20日(火・祝) 

村上春樹の小説のように、2本立てで物事が時間的にからみあいながら進行した1日でした。

ひとつは「国際学会発表応募原稿の仕上げ」「デシャン先生との大阪-グルノーブル共同作業」の流れ。

もうひとつは「万博ハーフマラソン」「シンヤ君との珍道中」「息子の応援~」の流れ。

まずはひとつめの流れ。 「原稿の仕上げ・デシャン先生との日仏共同作業」

金曜日に下手なフランス語作文による原稿を送って以来、ずっと心配だったのが、

果たしてグルノーブル大学のデシャン先生が10月にブルターニュ地方のブレスト大学で開催される「フランス語圏国際中小企業学会」での発表応募原稿として仕上げて下さるかどうか、ということでした。 

20日が申し込み締め切り日です。

今朝、デシャン先生が月曜日の日本時間23時半(フランス時間15時半)に送信したメールを受け取りました。昨夜23時に寝てしまったので受け取りが遅れてしまいました。

「原稿を添削して作り直したので、今一度確認して下さい。そしてコメントを付けた部分を改善して、書き直しを大至急(URGENT)送って下さい。 こちらで仕上げて学会の実行委員会に送ります」とのことでした。 

ずっと受け入れて下さるか心配していただけに吉報でした。

万博ハーフマラソン、息子たちのサッカー応援、夕食の準備をはさんで、

20時(フランス時間の昼休みが始まる12時)まで、必死に書き直しを準備しました。 フランス時間の昼休みの時間帯直前にデシャン先生に送信しできました。 肝心の情報を取り出しやすい状態にしていなかったことを反省。

送信後、デシャン先生のオフィスに電話しましたが、不在。

夕食。 味噌の分量を間違いました。 いつも多くいれてしまう。 

夕食後(フランスの午後開始時刻14時過ぎ=日本時間22時過ぎ)、もう一度、デシャン先生のオフィスに電話しましたが、不在。

寝ました。

夜中に起きて、メールをチェックすると、

デシャン先生からのメールが届いていました。 送信時刻は日本時間21日0時28分(フランス時間20日16時28分)。 それは、学会実行委員会に宛てた、発表原稿が添付された応募メールで、私にもCCで届いたものでした。

共著者とやりとりして、きっちり仕上げて、締め切りに間に合わせる。 プロの仕事だと思いました。

タイトル(和訳):日本の中小企業事業承継支援改善の提案・フランスの状況からの示唆

フランスにおける中小企業の事業承継研究の若き第一人者のデシャン先生

そして日本政策金融公庫総合研究所主任研究員の村上さんというすごお二人との共同発表となります。

アクセプトされて学会で報告できることを祈ります。

Img_4387

ベランジェール・デシャン先生(グルノーブル第二大学)と。

2011年10月13日パリで開催されたフランス企業家活動・イノヴェーション学会(AEI)の会場にて。この後、11月に私が企画した中小企業の事業承継・日仏シンポジウムで来日されました。

  

« 卒業式 (午後)  Graduation Ceremony (pm) | トップページ | 万博マラソン 名フォトグラファーによる写真 Expo'70 Marathon »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若き偉大な学者による仕上げ Communication:

« 卒業式 (午後)  Graduation Ceremony (pm) | トップページ | 万博マラソン 名フォトグラファーによる写真 Expo'70 Marathon »