« ル・アーブルの靴みがき  Le Havre | トップページ | 親ばか 1997年フランスの幼稚園の思い出 »

6月28日(木)午後 日仏シンポ  

今年も企画責任者として日仏シンポジウムを開催します。 

 

フランスのツールにあるビジネススクールESCEMとの提携を記念してのシンポジウムです。 

 

6月28日(木)午後1時から午後5時まで関西大学千里山キャンパス尚文館。 

 

第一部は文学部の学生さんたちが授業として大勢参加してくれます。 ところが第二部はがくんと聴講者が減りそうですので、14時40分からの第二部ぜひぜひ聴きに来てください。

 

 第二部ではESCEMの教授お二人から企業の社会的責任(CSR)に関する講演をしていただきます。 通訳が付きます。

*******

平成24年度 関西大学 国際交流助成基金による国際シンポジウム

持続的発展 -経済と文化-
Développement durable -économique et culturel-
ESCEM - 関西大学 日仏シンポジウム

6月28日(木)13:00-17:00   

関西大学千里山キャンパス 尚文館 1F  マルチメディアAV大教室  聴講自由

プログラム

13:00-  第一部(日本語) 

持続的発展 -文化-

 「日仏交流と関西大学」大久保朝憲(関西大学 文学部)

 「ESCEMと日仏交流」レモン洋子(ESCEM)

 スピーチ・セッション:日本留学中のフランス人学生とフランスに留学した関西大学学生・院生

 コーディネーター 大久保朝憲(関西大学 文学部)

 

14:40-  第二部(フランス語=通訳有)  

持続的発展 -経済- CSR:企業の社会的責任

 「CSRは経営戦略となりえるか?」

リシャール・ソパルノ(ESCEM) 通訳 菊池歌子(関西大学 外国語学部)

 「マーケティング活動のCSRへの貢献について」

 エリック・スティーブンス(ESCEM) 通訳 友谷知己(関西大学 文学部)

 コーディネーター 亀井克之(関西大学 社会安全学部)

 

主催 関西大学 経済・政治研究所

お問合せ先:関西大学研究所事務室

564-8680 吹田市山手町3-3-35

TEL 06-6368-1179 FAX 06-6339-7721

 http://www.kansai-u.ac.jp/Keiseiken/

 

16:45-17:00 閉会の辞

 

« ル・アーブルの靴みがき  Le Havre | トップページ | 親ばか 1997年フランスの幼稚園の思い出 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月28日(木)午後 日仏シンポ  :

« ル・アーブルの靴みがき  Le Havre | トップページ | 親ばか 1997年フランスの幼稚園の思い出 »