« Inauguration Chaire Sante du dirigeant de PME (18 juin 2012) | トップページ | 写真データすべて紛失。。。  Perte des photos... »

中小企業経営者の健康問題についての講座が南仏の大学に誕生

 中小企業経営者の健康問題についての講座が南仏の大学に誕生

 モンペリエ大学に「中小企業経営者の健康」講座誕生

2012618日月曜日,南仏ラングドック地方の中心都市モンペリエにあるモンペリエ第一大学経営学部に,ヨーロッパで(おそらく世界でも)初めての,中小企業経営者や個人事業主の健康問題を研究する講座が誕生しました。

もちろん,代表を務めるのは後述するAMAROKの活動を通じて経営者の健康問題の重要性を訴えてきたトレス教授です。

セレモニーには,各界からさまざまな人たちが出席しました。どじ亀は今回このセレモニーに招かれてフランスに来ました。

1998年以来,自殺者数が3万人を超え,その約1割を中小企業経営者・個人事業主が占める我が国が,フランスの取り組みから学ぶべきことは多い」とスピーチしました。

Cr_dit_photo_jeanclaude_fiches_copy

 左端がオリビエ・トレス教授。 右端が筆者。

 

 見落とされている中小企業経営者の健康問題

 

 うつ,不眠などメンタルヘルスの問題が,今や国民病のような形で,大きな社会問題になっています。

 『週刊東洋経済』 616日号は,ストレス,うつ,不眠などメンタルヘルスの特集号でした。新型うつ,SAS(睡眠時無呼吸症候群)から,昨年12月に国会に提出された従業員へのストレスチェックをすべての事業者に義務づけた労働安全衛生法の改正案まで,実に50ページにおよぶ記事が掲載されていました。

 ところが,経営トップのメンタルヘルスを扱った部分は,1ページの3分の1くらいの大きさの囲み記事だけでした。このことに象徴されるように,メンタルヘルスという場合,従業員を対象とすることが一般的で,経営者についてはほとんど語られることがありません。

 大企業の場合,仮に社長が死亡しても,何人かの候補から,新たな社長に就く人がいるでしょう。スティーブ・ジョブスが病死したとき,アップルの株価の下げ幅はわずかでした。エドゥアール・ミシュランが事故死したときも,ミシュランの株価はそれほど下がりませんでした。ところが,中小企業の場合はどうでしょうか。中小企業の場合,経営者の死亡が,経営に及ぼす影響は甚大で,最悪の場合,倒産へと直結します。

 

「語られることのなかった中小企業経営者の苦悩」という一文を3年前ル・モンド紙に,南仏モンペリエ第一大学経営学部のオリビエ・トレス教授が発表して全仏の注目を集めました。トレス教授は「中小企業における最大の資産は経営者の健康」にあると断言しています。

 トレス教授によれば,経営者自身の苦しみを語ることがタブー視されてきたのは,第一に雇用者は支配者であり,悩みはいつでも雇用される側に発生するという偏見,第二にダイナミックで英雄的な「リーダー」に自らを重ね合わせる経営者は自分の悩みを認めることができないからです。中小企業経営者の場合,さらに,①過重労働,②ストレス,③不安感,④孤独が重くのしかかり,苦しみの原因になります。

 

経営者の健康支援機構AMAROKの誕生

 

このような問題意識の下,トレス教授が中心となって,2010年にAMAROK(経営者の健康支援機構)が設立されました。イヌイットの言葉で猛獣を表すAMAROKという名称に込められた意義は,「猛獣は小動物を食べて生きており,小動物は食物連鎖体系の基盤を担っているように,社会の基盤を担う無数の中小企業を保護しなければならない」というものです。

 

AMAROKは,①中小企業経営者や個人事業主に健康の重要性について啓蒙,②医学研究と中小企業研究との橋渡しをすることを目的として,現在,350人の中小企業経営者に毎月1回,合計10回に及ぶ電話による健康に関するアンケート調査を行っています。調査が終了した暁には,世界で類を見ないデータベースが出来上がります。

 

201010月には精神科医で白梅学園大学の尾久裕紀教授を代表とし,どじ亀を事務局長として日本支部が開設されました。企業数の9割を占める中小企業経営者のメンタルヘルスの問題を社会のリスク(ソーシャル・リスク)と考え,ソーシャル・リスクマネジメントの観点から少しずつ活動をしています。

 

トレス編著『経営者の健康』から 

今回のセレモニーに合わせて,トレス教授が編者となった『経営者の健康』という本が出版されました。「経営者としての苦しみを企業家としての喜びに転換しよう」という副題が付いたこの本で取り上げられたテーマを掲げます。読者のみなさんのチェックリストにお使いの上,健康をうまく管理され,①一国一城の主として,会社を運営する満足感,②自分が頑張った分,企業の業績向上に直結する達成感という,中小企業経営者の喜びを再確認していただければと思います。

 

ストレス:健全なストレスの解消策をお持ちですか?

 

食事:体にいいものを食べていますか?

 

睡眠:しっかり睡眠をとっていますか?

 

バーンアウト:燃え尽き症候群のような働き方になっていませんか?

 

事業承継:計画的に事業承継の問題と向かい合っていますか?

 

健康:日常的に健康に留意し,健康の向上に努力していますか?

 

悩み:相談相手がいますか? 気分転換していますか? マイ癒しがありますか?

 

« Inauguration Chaire Sante du dirigeant de PME (18 juin 2012) | トップページ | 写真データすべて紛失。。。  Perte des photos... »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業経営者の健康問題についての講座が南仏の大学に誕生:

« Inauguration Chaire Sante du dirigeant de PME (18 juin 2012) | トップページ | 写真データすべて紛失。。。  Perte des photos... »