« At CDG | トップページ | 6月16日の朝のニュース    »

『経営者の健康』 Sante du dirigeant

2012年6月15日(金)

モンペリエ第一大学・経営学部のLABEX(Laboratoire d'Excellence)の招待でフランスに来ました。 フランスには、かなりの回数来ていますが、フランスの大学に招待されて来るのは初めてです。 ありがたいです。 しっかりお応えしなければと思います。

モンペリエ空港到着。  

モンペリエ第一大学経営学部のオリビエ・トレス教授が出迎えて下さりました。。。 というか教授はジャーナリストのクリスチャン・グトルブさんの取材を受けているところでした。 

Img_7290_2


そのまま、私も取材を受けました。 私にはサプライズで取材をセッティングしてくれていたようですが、いきなりで驚きました。

長旅の疲れと耳の状態がおかしいのと、もともと下手なフランス語なので、なかなかうまく説明できませんでした。 関西空港で買った『週間東洋経済』がちょうど「うつ・不眠」の大特集号だったので、それを見ながら、日本の企業におけるメンタルヘルスや、うつ・自殺をめぐる状況を説明しました。

Img_7293


記事になるといいのですが。

オリビエ・トレス教授から、あさって発売される本をもらいました。 AMAROK(経営者健康問題支援機構)の活動に基づく、中小企業経営者の健康問題に関する編著です。

メンタルヘルスなど心身の健康はと言うと、従業員のことについてはいろいろと調査や研究や予防活動が行われています。 しかし、経営者、特に中小企業経営者の健康やメンタルヘルスについては、これまでほとんど研究がなされていない、というのがトレス教授の問題意識です。 

Img_7297

原題は" Sante du dirigeant,  De la souffrance patronale a l'entrepreneuriat salutaire"

訳すと『経営者の健康   中小企業経営者の苦しみから健康な企業家へ』です。

「これまでタブーだった話題!(Un sujet tabou!)」という宣伝文の帯がついています。

Img_7295

↑早速、サイン入りで一冊いただきました。 

↓私の方からは、『中小企業の事業承継・日仏比較研究』の記録本をさしあげました。

Img_7298_2

Img_7299_3

« At CDG | トップページ | 6月16日の朝のニュース    »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『経営者の健康』 Sante du dirigeant:

« At CDG | トップページ | 6月16日の朝のニュース    »