« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

仕方ないです。 狸さんの鹿さんマラソンへの遠い道のり

東北から長男が帰ってきて、夕食時、暴飲+普通食。 でも67.5キロにとどまりました。

かわいい長男が帰ってきたので、仕方ないです。 

長男に会うのは、2月初旬に仙台で会って以来ですし。

8月31日(金) 総持寺のバッティングセンターで75球打ち込みました。 

フルスイング。 75球中、15本ヒット性でした。 帰宅後に体重測定66キロまで減らしました。 しかし。。。 上へ↑

8月29日(水)3日間集中講義に来てくださったフジエ先生を囲む会をゼミ生と王将で。2次会TK先生を交えて吹田で。 家に帰って体重を測ると。 なんと、自己新記録の69キロ。 ショック。

そこそこ運動するようになっているので、やはり飲みすぎ、食べ過ぎが原因。

8月30日(木) 生まれて初めてくらい、ダイエットを意識。 

教科書というか講義プリント集編集。

12階まで階段上りを2回。 自転車で帰宅。 約40分。 

深夜、30分ウォーキング。 ストレッチ。 川端康成文学館前コースで2キロを11分45秒。 そのあと1.5キロ流す。

こうしてやっと67キロ。 2キロ減りました。

8月29日(水) 自転車で職場へ。 約40分。 11階まで階段で上がるのを久しぶりに。

8月28日(火) プチ筋トレだけ。。。

8月27日(月) すみません。サボりました。

8月26日(日) 岐阜駅から長良橋の鵜飼船の船つぎ場を往復。長良川の川畔を走りました。 

8月25日(土)  某競技。 全力疾走しようとしたとき、足がつりかける形になったので、大事をとりました。

8月24日(金) すみません。サボりました。

8月23日(木) 京都某Wホテルのフィットネスにて1キロ6分のペースにセットして、傾斜をつけたランニングマシンで20分走りました。 プールで200メートル泳ぎました。

8月22日(水) すみません。サボりました。

8月21日(火) すみません。サボりました。

8月20日(月) すみません。サボりました。

8月19日(日) 1.2キロ ラン。 自転車3キロ。 10~15mmダッシュ8本。

8月18日(土) ダッシュ的スポーツを2時間程度。

8月17日(金) すみません。サボりました。

8月16日(木) Aix-en-Provence 散歩15分。 ラン8分。 

Img_0334_4

エクス・アン・プロバンスでもラン! 画家のセザンヌさんと。

シャッターを押すのをお願いした方が、デジ亀のストラップもいっしょに撮って下さいました?!

8月15日(水) 朝の散歩 15分

8月14日(火) 朝の散歩30分。

8月13日(月) 朝の散歩30分

8月12日(日) すみません。サボりました。

8月11日(土) すみません。 サボりました。

8月10日(金)  すみません。 サボりました。

8月9日(木) すみません。 サボりました。

8月8日(水) 1階から12階まで階段で上りました、を1回。

8月7日(火) 1階から12階まで階段で上りました、を1回。

8月6日(月) 「(狸みたいに)太ってきたね」と言われて発奮。 帰宅時、摂津富田駅までか、茨木までか走る予定が、仕事が長引き、結局、高槻駅まで走っただけ。つまり5分。

帰宅、夕食、仕事の続き完了後、なでしこの試合までの待ち時間の深夜、川端通りへ。

10キロ走るつもりでしたが、6キロでやめました。 5キロ時点で31分30秒。

8月5日(日)東京の宿の近くを約10分程度走りました。

8月4日(土) なんにもしませんでした。 狸さんへの道を一直線。 言い訳:東京出張だったし。

8月3日(金) 実習引率先で、朝、軽くランニング。 ただし、急な坂道を約5分かけて、上って練習しました。

8月2日(木) 実習に学生を引率。 実習先の施設のテニスコートで夕刻。 捕手としての送球の練習をして汗を流しました。 

ポイント①球を受けに行かない。 待つ。

ポイント②伸び上がらない。立ち上がらない。低い姿勢でステップを踏んで素早く送球する。 ワンバウンドでいい。

8月1日(水) トレーニングしませんでした。 鹿さんどころが、お腹がメタボ風味で、狸さんへの道のりになってきました。

7月31日(火) フランス関係者による意見交換の集いで酔ってしまい、トレーニングしませんでした。 鹿さん、すみません。

7月30日(月) 仕事帰りの活用:高槻ミューズキャンパス~JR摂津富田駅 ゆっくり 約30分

7月29日(日) T市Y小でのソフト練習でグラウンド2週+ソフト練習1時間半+プールでウォーキング300m

7月28日(土) 早朝5時半~30分 おじさんソフトで汗のみ

7月27日(金) ストレッチのみ

7月26日(木) およそ5.2キロを 28分

7月25日(水) 高槻ミューズキャンパス~阪急富田駅 26分14秒

080510cf512mb_009

Header_title2012_2

奈良マラソン2012のサイト

http://www.nara-marathon.jp/

Main

ショック! 新記録の狸さんの鹿さんマラソンまでの遠い道のり

8月29日(水)3日間集中講義に来てくださったフジエ先生を囲む会をゼミ生と王将で。2次会TK先生を交えて吹田で。 家に帰って体重を測ると。 なんと、自己新記録の69キロ。 ショック。

そこそこ運動するようになっているので、やはり飲みすぎ、食べ過ぎが原因。

8月30日(木) 生まれて初めてくらい、ダイエットを意識。 

教科書というか講義プリント集編集。

12階まで階段上りを2回。 自転車で帰宅。 約40分。 

深夜、30分ウォーキング。 ストレッチ。 川端康成文学館前コースで2キロを11分45秒。 そのあと1.5キロ流す。

こうしてやっと67キロ。 2キロ減りました。

8月29日(水) 自転車で職場へ。 約40分。 11階まで階段で上がるのを久しぶりに。

8月28日(火) プチ筋トレだけ。。。

8月27日(月) すみません。サボりました。

8月26日(日) 岐阜駅から長良橋の鵜飼船の船つぎ場を往復。長良川の川畔を走りました。 

8月25日(土)  某競技。 全力疾走しようとしたとき、足がつりかける形になったので、大事をとりました。

8月24日(金) すみません。サボりました。

8月23日(木) 京都某Wホテルのフィットネスにて1キロ6分のペースにセットして、傾斜をつけたランニングマシンで20分走りました。 プールで200メートル泳ぎました。

8月22日(水) すみません。サボりました。

8月21日(火) すみません。サボりました。

8月20日(月) すみません。サボりました。

8月19日(日) 1.2キロ ラン。 自転車3キロ。 10~15mmダッシュ8本。

8月18日(土) ダッシュ的スポーツを2時間程度。

8月17日(金) すみません。サボりました。

8月16日(木) Aix-en-Provence 散歩15分。 ラン8分。 

Img_0334_4

エクス・アン・プロバンスでもラン! 画家のセザンヌさんと。

シャッターを押すのをお願いした方が、デジ亀のストラップもいっしょに撮って下さいました?!

8月15日(水) 朝の散歩 15分

8月14日(火) 朝の散歩30分。

8月13日(月) 朝の散歩30分

8月12日(日) すみません。サボりました。

8月11日(土) すみません。 サボりました。

8月10日(金)  すみません。 サボりました。

8月9日(木) すみません。 サボりました。

8月8日(水) 1階から12階まで階段で上りました、を1回。

8月7日(火) 1階から12階まで階段で上りました、を1回。

8月6日(月) 「(狸みたいに)太ってきたね」と言われて発奮。 帰宅時、摂津富田駅までか、茨木までか走る予定が、仕事が長引き、結局、高槻駅まで走っただけ。つまり5分。

帰宅、夕食、仕事の続き完了後、なでしこの試合までの待ち時間の深夜、川端通りへ。

10キロ走るつもりでしたが、6キロでやめました。 5キロ時点で31分30秒。

8月5日(日)東京の宿の近くを約10分程度走りました。

8月4日(土) なんにもしませんでした。 狸さんへの道を一直線。 言い訳:東京出張だったし。

8月3日(金) 実習引率先で、朝、軽くランニング。 ただし、急な坂道を約5分かけて、上って練習しました。

8月2日(木) 実習に学生を引率。 実習先の施設のテニスコートで夕刻。 捕手としての送球の練習をして汗を流しました。 

ポイント①球を受けに行かない。 待つ。

ポイント②伸び上がらない。立ち上がらない。低い姿勢でステップを踏んで素早く送球する。 ワンバウンドでいい。

8月1日(水) トレーニングしませんでした。 鹿さんどころが、お腹がメタボ風味で、狸さんへの道のりになってきました。

7月31日(火) フランス関係者による意見交換の集いで酔ってしまい、トレーニングしませんでした。 鹿さん、すみません。

7月30日(月) 仕事帰りの活用:高槻ミューズキャンパス~JR摂津富田駅 ゆっくり 約30分

7月29日(日) T市Y小でのソフト練習でグラウンド2週+ソフト練習1時間半+プールでウォーキング300m

7月28日(土) 早朝5時半~30分 おじさんソフトで汗のみ

7月27日(金) ストレッチのみ

7月26日(木) およそ5.2キロを 28分

7月25日(水) 高槻ミューズキャンパス~阪急富田駅 26分14秒

080510cf512mb_009

Header_title2012_2

奈良マラソン2012のサイト

http://www.nara-marathon.jp/

Main

17年間ご苦労様でした。 2003年夏の思い出。

昨夜ブログに、次のように書いたら、なんと、今朝、朝刊のスポーツ面に「広山現役引退」の記事が載っていました。

「モンペリエのサッカー場までトラムウェイが走っていなかった頃は、車で行かなければなりませんでした。 2003年にモンペリエでプレーしていた広山望選手のデビュー戦を見に行ったときも駐車スペース探しに苦労しました」

広山選手は、17年間、日本、パラグアイ、ブラジル、ポルトガル、フランス、アメリカと、さまざまなチームでプレーしました。 デビュー当時は国立大学に通いながらJリーグでプレーされていたそうです。

2003年にはモンペリエに在籍し、フランス一部リーグでプレーする初めての日本人選手になりました。

http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~kamei/edu/Hiroyama/030802.htm

↑モンペリエに滞在していた記録的猛暑の2003年夏。日本人選手がモンペリエに入団した!というので、開幕戦を応援に行ったときのHP記事です。

2003年8月2日(土) モンペリエ 対 レンヌ モンペリエ モッソン・スタジアム

Dscf0017

試合前、サポーター席で日の丸が振られていました。

Dscf0014

Dscf0022

後半開始と同時に、ピッチに登場した広山選手。

Dscf0036

Dscf0035

モンペリエの同点ゴールに喜ぶサポーター。

Dscf0039

広山選手、17年間 ご苦労様でした。

トラムウェイ記事へのコメントへのコメント

トラムの写真ありがとうございます。どの車両も凝った色をしていますね。フィルムを貼っているのでしょうか?また、低床なので乗り降りが楽で、サッと乗れそう。結構な投資額のように思われますが、住民の満足度や、政策としての成功度など高いのでしょうか?(コメントありがとうございます!!!
カラフルな第2路線、そして独特の色彩の第3・第4路線もフィルムを貼っているのではないよいうに思いますが。

(職場のよしなり君からのコメント) 

(それに対するどじ亀さんのコメント)

住民の満足度、政策としての成功度ともに、完全に高いです。

私がエクス・アン・プロバンスモンペリエに初めて行ったのが1998年。 トラムウェイがない時代。
モンペリエに通い始めたのが、1999年。 トラムウェイの工事が始まりかけた時代。

鮮やかなブルーの第一路線ができた2000年。 この年も何度かモンペリエを訪れました。

そして、2005年夏から2006年の夏にかけてモンペリエに在住。 ブルーの第一路線を満喫しました。

現在、4つの路線が走っています。 市民生活は完全に変わりました。

私自身、この変遷、つまりモンペリエの市民生活の利便性の向上を生きてきました。 実感できます。

市の中心部から移動する際、車が主たる交通手段であった時代から考えますと、今は、トラムウェイで自由自在に市の中心部から市の周辺部に移動できます。 本当に便利です。 

かつては→

・市の中心部に行く場合、駐車するスペースを探すのに苦労した。 車に乗っている時間のかなりの時間が駐車スペース探しに費やされていた。  今はトラムウェイで市の中心部に簡単に行ける。

・モンペリエのサッカー競技場はモッソンという少し治安度が低い場所にあります。 かつては、車で行かなければなりませんでした。 もちろん、駐車スペースを探すのに苦労しました。 今は、トラムウェイでサッカー競技場の近くまで行けます。

広山選手がモンペリエでプレーした2003年には、競技場までのトラムウェイはありませんでした。 広山選手のデビュー戦を観戦した時も、駐車するのに苦労しました。

その時のエッセーです。

http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~kamei/edu/Hiroyama/030802.htm

長良川でもラン←エクスでもラン 狸の鹿マラソンへの長い道のり

Img_7712

8月27日(月) すみません。サボりました。

8月26日(日) 岐阜駅から長良橋の鵜飼船の船つぎ場を往復。長良川の川畔を走りました。 

8月25日(土)  某競技。 全力疾走しようとしたとき、足がつりかける形になったので、大事をとりました。

8月24日(金) すみません。サボりました。

8月23日(木) 京都某Wホテルのフィットネスにて1キロ6分のペースにセットして、傾斜をつけたランニングマシンで20分走りました。 プールで200メートル泳ぎました。

8月22日(水) すみません。サボりました。

8月21日(火) すみません。サボりました。

8月20日(月) すみません。サボりました。

8月19日(日) 1.2キロ ラン。 自転車3キロ。 10~15mmダッシュ8本。

8月18日(土) ダッシュ的スポーツを2時間程度。

8月17日(金) すみません。サボりました。

8月16日(木) Aix-en-Provence 散歩15分。 ラン8分。 

Img_0334_4

エクス・アン・プロバンスでもラン! 画家のセザンヌさんと。

シャッターを押すのをお願いした方が、デジ亀のストラップもいっしょに撮って下さいました?!

8月15日(水) 朝の散歩 15分

8月14日(火) 朝の散歩30分。

8月13日(月) 朝の散歩30分

8月12日(日) すみません。サボりました。

8月11日(土) すみません。 サボりました。

8月10日(金)  すみません。 サボりました。

8月9日(木) すみません。 サボりました。

8月8日(水) 1階から12階まで階段で上りました、を1回。

8月7日(火) 1階から12階まで階段で上りました、を1回。

8月6日(月) 「(狸みたいに)太ってきたね」と言われて発奮。 帰宅時、摂津富田駅までか、茨木までか走る予定が、仕事が長引き、結局、高槻駅まで走っただけ。つまり5分。

帰宅、夕食、仕事の続き完了後、なでしこの試合までの待ち時間の深夜、川端通りへ。

10キロ走るつもりでしたが、6キロでやめました。 5キロ時点で31分30秒。

8月5日(日)東京の宿の近くを約10分程度走りました。

8月4日(土) なんにもしませんでした。 狸さんへの道を一直線。 言い訳:東京出張だったし。

8月3日(金) 実習引率先で、朝、軽くランニング。 ただし、急な坂道を約5分かけて、上って練習しました。

8月2日(木) 実習に学生を引率。 実習先の施設のテニスコートで夕刻。 捕手としての送球の練習をして汗を流しました。 

ポイント①球を受けに行かない。 待つ。

ポイント②伸び上がらない。立ち上がらない。低い姿勢でステップを踏んで素早く送球する。 ワンバウンドでいい。

8月1日(水) トレーニングしませんでした。 鹿さんどころが、お腹がメタボ風味で、狸さんへの道のりになってきました。

7月31日(火) フランス関係者による意見交換の集いで酔ってしまい、トレーニングしませんでした。 鹿さん、すみません。

7月30日(月) 仕事帰りの活用:高槻ミューズキャンパス~JR摂津富田駅 ゆっくり 約30分

7月29日(日) T市Y小でのソフト練習でグラウンド2週+ソフト練習1時間半+プールでウォーキング300m

7月28日(土) 早朝5時半~30分 おじさんソフトで汗のみ

7月27日(金) ストレッチのみ

7月26日(木) およそ5.2キロを 28分

7月25日(水) 高槻ミューズキャンパス~阪急富田駅 26分14秒

080510cf512mb_009

Header_title2012_2

奈良マラソン2012のサイト

http://www.nara-marathon.jp/

Main

トラムウェイのある街モンペリエ Tramway   虎夢エー?  

職場の好青年よしなり君と話していてトラムウェーの話題になりました。

フランスでは、都市の排気ガス汚染の問題と、都市部の渋滞問題、都市部の駐車場が十分ではない問題などの解決策として、この10年で、トラムウェイが各都市で運行されるようになりました。

とりわけ2000年以来、いち早く、トラムウェイを発展させてきたのがモンペリエ市です。

下の写真は、鮮やかなブルーのモンペリエのトラムウェイ第1路線。 これは2005年~2006年に滞在したときに撮影した写真です。 

以下は先日の出張の際にモンペリエ市で撮影したトラムウェイの写真集です。

Img_0072_2

モンペリエのトラムウェイ 第2路線です。

Img_0073_2

これはモンペリエ市のトラムウェイ第3または第4路線です。

Img_0074_2

10年来、フランスで、都市部の排気ガス汚染の解決策として、都市部の渋滞緩和の解決策として、都市部の駐車場問題の解決策として、市民の「夢」を実現してきたトラムウェイです。

話は飛びますが、今年の虎キチの夢は無残にも打ち砕かれています。

虎夢えーーーーっつ、です。

*虎キチ=阪神タイガースファンのこと。

今年のお仕事 8月25日 up to date

2012年の業績(赤字はもう少し細部を正確にする必要があるもの)

(8月25日追加分=青字

・「中小企業経営のリスクは経営者の健康問題にあり」(「異色リスクマネジメント図鑑」Vol.1<新連載>)『経営視座』2012年9月号,株式会社タナベ経営,p.6-7。

・「関西大学 中小企業の事業承継テーマに初の国際シンポジウム開催」『商工振興』No.746,大阪府商工部監修 社団法人大阪府工業協会編集発行,2012年1月,p.24-25。

・中小企業学会誌  中小企業学会誌

 

・第199回
2012年12月5日(水)
時間:13:00–16:10
場所:りそな銀行
大阪本社地下2階講堂
詳細
子どもの安全とリスク・コミュニケーション研究班
主幹、社会安全学部教授
亀井克之
中小企業による安全・安心な街づくりの試み
委嘱研究員、石井兄弟社・代表取締役
石井 至
グローバル資本主義を卒業した私の選択と結論
-「デリバティブ」「リスクのしくみ」から「セレブ・リゾート」「慶應幼稚舎」「子ども安全」まで -

・2012年10月9日 日本監査役協会 講演

・2012年8月3日(金) 大阪市教育委員会 教員研修

・南仏経営者インタビュー

・太陽と健康の文化[南仏閑話]第7回南仏からのメッセージ 「中小企業経営者の健康問題についての講座が南仏の大学に誕生  」『ネクスト』Vol. 60/2012 夏号,(株)扶洋NEXT編集委員会,  p.13-14。

・「AMAROK本部を訪問して」『実践危機管理』ソーシャル・リスクマネジメント学会,第26号,2012年7月,p.98-104。

・講演 「リスクとコミュニケーション」 関西大学第一高等学校・関大北陽高等学校,関西大学高等部生徒向け模擬講義,2012年7月14日(土),関西大学高槻ミューズキャンパス西館M313教室

・「事故と保険」社会安全学セミナー,関西大学社会安全学部,2012年7月7日,関西大学高槻ミューズキャンパス 西館M911教室。

・実行委員長,平成24年度関西大学国際交流助成基金による国際シンポジウム,2012年6月28日

持続的発展-経済と文化-

内容

第一部(日本語) 持続的発展-文化-
    講演:「日仏交流と関西大学」    大久保朝憲 文学部教授
    講演:「ESCEMと日仏交流」    レモン洋子 氏(ESCEM)
    スピーチ・セッション:日本留学中のフランス人学生とフランスに留学した関西大学学生・院生
第二部(フランス語) 持続的発展-経済-CSR:企業の社会的責任
    講演:「CSRは経営戦略となりえるか?」    リシャール・ソパルノ 氏(ESCEM)
    講演:「マーケティング活動のCSRへの貢献」    エリック・スティーブンス 氏(ESCEM)

http://www.kansai-u.ac.jp/mt/archives/pdf/120611_n_international_symposium.pdf

・通訳,平成24年度関西大学国際交流助成基金による国際シンポジウム,2012年6月28日「持続的発展-経済と文化-」第二部 「持続的発展-経済-CSR:企業の社会的責任」講演:「マーケティング活動のCSRへの貢献」    エリック・スティーブンス (ESCEM)

http://www.kansai-u.ac.jp/mt/archives/pdf/120611_n_international_symposium.pdf

・Inauguration de la chaire, le 18 juin 2012

・15分スピーチ「危機管理とリーダーシップ」ソーシャル・リスクマネジメント学会第2回関西部会,2012年5月8日(火),吹田市民文化会館(メイシアター)集会室。

・日仏経営学会誌

・Katsuyuki Kamei and Leo Paul Dana, "Examining the impact of new policy facilitating SME succession in Japan: from a viewpoint of risk management in family business" International Journal of Entrepreneurship and Small Business, Vol. 16, No. 1, 2012
Inderscience Enterprises Ltd., p.60-69.

・フランス企業の日本進出戦略 のWEB論文 

・講演 Kandai 1 セミナー 「社会安全とリスクマネジメント」 京都成章高等学校,2012年4月20日(木) ,3年生460人。

・『週間朝日』2012年4月6日号(表紙 大島優子) p.19-20 「またまたミスター担ぎ出す 読売新聞よ、どこへ行く?」にコメント

・「リスクマネジメントによる企業価値向上」『BLP』, Vol.49, 2012 March, UR都市整備機構,p. 7-8.

・調査と資料

・研究双書

・発行・編集責任者,関西大学 中小企業の事業承継・日仏シンポジウム実行委員会編『中小企業の事業承継日仏比較研究』RPSセンター,2012年3月31日,p.85。

・発行・編集責任者,関西大学 中小企業の事業承継・日仏シンポジウム実行委員会編Colloque Franco-Japonais sur la Transmission et la Reprise des PME,RPSセンター,2012年3月31日,p.121.

・総合司会,201関西大学経済・政治研究所,子どもの安全とリスク・コミュニケーション研究班研究会,①『未来の食卓』上映会,②ビオマーケット 広報部 小林重仁 「食の安全の取り組みについて」2年3月13日(火)16時~18時30分,関西大学 高槻ミューズキャンパス 西館M804教室。

3月12日(月) 14時~16時

関西大学経済政治研究所,平成23年度第7回公開セミナー,子どもの安全とリスク・コミュニケーション研究班,関西大学 千里山キャンパス 児島惟謙館 2F第2会議室 無料

「映画館産業の日仏比較 -経営戦略と安全管理-」

第一報告「映画館と経営戦略」ピエール・ロワ 

第二報告「映画館と地域社会」 亀井克之

司会・通訳:クリス・ベルアド(大阪大学大学院言語文化研究科博士課程後期課程)

http://www.kansai-u.ac.jp/Keiseiken/open/pdf/H23_7kseminar.pdf

3月9日(金)16時~17時30分 関西大学 高槻ミューズキャンパス 西館M303教室

通訳「シネマ・コンプレックスの経営戦略と安全管理」 ピエール・ロワ

・実行委員長,関西大学社会安全学部第2回ワークショップ,2012年3月9日,関西大学高槻ミューズキャンパス ミューズホール。

http://www.kansai-u.ac.jp/Fc_ss/news/2012/03/fss.html

・太陽と健康の文化[南仏閑話]第6回南仏からのメッセージ 「   」
『ネクスト』Vol. 59/2012 春号,(株)扶洋NEXT編集委員会,  p.??

・上田和勇・亀井克之「3.11後の日本に求められるリスクマネジメント」(第35回全国大会統一論題:司会兼問題提起)『危険と管理第43号』「東日本大震災とリスクマネジメント」日本リスクマネジメント学会,2012年3月,p.1-5。

・「311後のビジネス・リスクマネジメントの基礎的概念と事例」『マネジメント・ジャーナル』第4号,神奈川大学国際経営研究所,2012年3月,p.45-63.

・「中小企業の事業承継・日仏シンポジウムについて」

・ソーシャル・リスクマネジメント学会会報『実践危機管理』第25号(2012年1月)PP.97-99(PDF/528KB)

http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~kamei/colloque2011/doc/media/201201_jissen_kikikanri.pdf

・太陽と健康の文化[南仏閑話]第5回南仏からのメッセージ「中小企業の事業承継日仏シンポジウム」
『ネクスト』Vol. 58/2012新年号,(株)扶洋NEXT編集委員会, PP. 13-14(PDF/454KB)

http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~kamei/colloque2011/doc/media/20120120_next.pdf

・「中小企業の事業承継・日仏シンポジウムについて 」
『社会安全学研究』第2号(2012年)PP.111-112
(PDF/389KB)

http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~kamei/colloque2011/doc/media/2012_shakaianzengakukenkyu.pdf

・「関西大学 中小企業の事業承継テーマに初の国際シンポジウム開催」『商工振興』No.746,大阪府商工部監修 社団法人大阪府工業協会編集発行,2012年1月,p.24-25。

Sejour de Marion

我が家に三泊したマリオンが、今日の夕方、出発していきました。

クーラーがないという天然記念物のような家ですので、暑かったと思います。

最後の夜は、大好物という、カレーライスを作ってあげました。 とても喜んでくれました。

いろいろとディスカッションして、外国人の視点から見た日本のことなど、今まで気づかなかった日仏文化比較ができました。

マリオンのご両親にはモンペリエに滞在中、本当にお世話になりっぱなしだったので、少しはおかえしできました。

Img_7388

フランス国立東洋言語文化大学 日本語学科で日本語を勉強しているマリオン。 

「日本の若者やドラマで出てくる言い回しは、大学で習っているのと違う」と実感されていました。

「漢字が大変。。。」 

Img_7681_3


六角堂にて。

フランス国立東洋言語文化大学・日本語学科修士課程卒業で、現在、京都大学で中江兆民に関する博士論文を執筆しているロマン・ジュルダン君に、日本語の学習方法や日本留学についての情報をマリオンに伝授していただきました。


老舗企業研究  京はやしや   抹茶アイス  

抹茶アイスさえあれば1週間生きていけるかもしれないくらい好物です。

Img_7700

Img_7698

茶そば

Img_7697

Img_7696

創業250年

Img_7694

喫茶も伝統があり、これは大正2年の写真。

Img_7695

Img_7699_2

抹茶アイス。

あまり食べすぎると、いよいよ狸さんみたいになってしまいます。


Economie du manga (Musee Int. du Manga, Kyoto) 漫画の経済

京都国際マンガミュージアムImg_7674

Img_7675_2

Img_7676_2

Img_7677_2

六角堂

Img_7681_5



Marion @ Kansai

モンペリエに住んでいた頃に最もお世話になったラヴェシエール家のお嬢さんマリオンが4日間我が家に滞在することになりました。 関西滞在を満喫していただきたいです。

A Buoux

火事のあったBuoux村を訪れたとき、旧知の方々とお話ししました。

PSAプジョー・シトロエンに務めるブルーノさんと本当に偶然再会。 バカンスで滞在中、散歩でこの村を訪ねられたときが、私が村長夫人のベロニクさんからアペリティフに招待された時と偶然!一致。

子どもの教育のこと。 国を問わず親の心配事。

新しいパートナーを見つけられていました。ご自身の子供さん4人と、新しいパートナーの子供さん4人と合わせて「複合家族」で子供が合計8人。 

発表されたリストラ策が話題になっているPSAプジョー・シトロエンでは、やはり緊張した雰囲気があるとのこと。

私が借りている車がシトロエンの最新DS5なので、この車のことがとても話題になりました。

この村にある別荘に夏恒例の滞在中のアーネストの一家。 装飾関係の職人の方です。

この家のすぐ手前の道で、火事の火が食い止められた。でも、カナデールと呼ばれる消防飛行機から投下された消火のためのオレンジ色の化学物質の影響で、庭の木の葉っぱがあきのように散ってしまったとのこと。

村長のジャン・アランの指名により、ビュウックス村の教会の内装の補修の仕事を手掛けるそうです。 約一月かかるとのこと。

「こうしていると、なかなか退職して悠々自適になれないよね」とのこと。

本当にいろいろな話が聴けました。

Alain Delon et Jean-Paul Belmondo en Provence vers 1970s 

Img_0243

Citroen DS 5 Hybride

Citroen DS 5 Hybride

-Hybride

-Automatique

-GPS

-Massage au siege...

Img_0024

A Plage du Clot

Img_0123

A Chateauneuf du Pape

Img_0132_2

Img_0131

Img_0116_2

Img_0204_2

Img_0244_2

A Aix-en-Provence

AMAROKのオリビエ・トレス教授のご厚意で借りた車です。

シトロエンの最新モデル DS 5 Hybride。

ハイブリッド、オートマチック、カーナビ、前部座席はマッサージ機能付きでした。

調査の足として、1週間で1150キロ運転しました。

エクスでもラン 狸さんの鹿さんマラソンへの道Long and Winding road to Shika san.

Petit run at Aix-en-Provence.   Paul Cezanne is next to me.

Img_0334_4

エクス・アン・プロバンスでもラン! 画家のセザンヌさんと。

シャッターを押すのをお願いした方が、デジ亀のストラップもいっしょに撮って下さいました?!

狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸狸

鹿さんマラソンに出場する狸化してきたどじ亀さんの日記。

8月19日(日) 1.2キロ ラン。 自転車3キロ。 10~15mmダッシュ8本。

8月18日(土) ダッシュ的スポーツを2時間程度。

8月17日(金) すみません。サボりました。

8月16日(木) Aix-en-Provence 散歩15分。 ラン8分。 

8月15日(水) 朝の散歩 15分

8月14日(火) 朝の散歩30分。

8月13日(月) 朝の散歩30分

8月12日(日) すみません。サボりました。

8月11日(土) すみません。 サボりました。

8月10日(金)  すみません。 サボりました。

8月9日(木) すみません。 サボりました。

8月8日(水) 1階から12階まで階段で上りました、を1回。

8月7日(火) 1階から12階まで階段で上りました、を1回。

8月6日(月) 「(狸みたいに)太ってきたね」と言われて発奮。 帰宅時、摂津富田駅までか、茨木までか走る予定が、仕事が長引き、結局、高槻駅まで走っただけ。つまり5分。

帰宅、夕食、仕事の続き完了後、なでしこの試合までの待ち時間の深夜、川端通りへ。

10キロ走るつもりでしたが、6キロでやめました。 5キロ時点で31分30秒。

8月5日(日)東京の宿の近くを約10分程度走りました。

8月4日(土) なんにもしませんでした。 狸さんへの道を一直線。 言い訳:東京出張だったし。

8月3日(金) 実習引率先で、朝、軽くランニング。 ただし、急な坂道を約5分かけて、上って練習しました。

8月2日(木) 実習に学生を引率。 実習先の施設のテニスコートで夕刻。 捕手としての送球の練習をして汗を流しました。 

ポイント①球を受けに行かない。 待つ。

ポイント②伸び上がらない。立ち上がらない。低い姿勢でステップを踏んで素早く送球する。 ワンバウンドでいい。

8月1日(水) トレーニングしませんでした。 鹿さんどころが、お腹がメタボ風味で、狸さんへの道のりになってきました。

7月31日(火) フランス関係者による意見交換の集いで酔ってしまい、トレーニングしませんでした。 鹿さん、すみません。

7月30日(月) 仕事帰りの活用:高槻ミューズキャンパス~JR摂津富田駅 ゆっくり 約30分

7月29日(日) T市Y小でのソフト練習でグラウンド2週+ソフト練習1時間半+プールでウォーキング300m

7月28日(土) 早朝5時半~30分 おじさんソフトで汗のみ

7月27日(金) ストレッチのみ

7月26日(木) およそ5.2キロを 28分

7月25日(水) 高槻ミューズキャンパス~阪急富田駅 26分14秒

080510cf512mb_009

Header_title2012_2

奈良マラソン2012のサイト

http://www.nara-marathon.jp/

Main

Avis de psychiatre (interview)

Interview at Luynes near Aix-en-Provence in August 2012

Michele Chahbazian, psychiatrist at Aix-en-Provence

On the theme of "suffering of SME manager (souffrance patronale)" by Professor Olivier Torres.

There are not many SME managers as clients.  They are too busy to come and see a doctor.

SME managers are not good clients for psychiatrist.

Usually they seldom confess their sufferings.  Even if they do so to me, they never come back to me again once they get over their suffering.

At the moment of bankruptcy, they come and see me.  That's true.

At this interview, Miechel were with some friends of hers.

One of them is also psychiatrist.  She doesn't have many SME managers as clients.  They often come and see her as a friend.

One of them has an experience of SME manager.   According to her, SME manager consults psychiatrist as a friend.  They do not confess the busines matter.   SME mnanagers are meant to solve their own problems themselves.   By such situation SME managers keep their suffering at the bottom of them.  This is what Olivier Torres call "souffrance patronale"

Img_0245

Cours Mirabeau

Aix-en-Provence

La Rotonde

Img_0284


エクス・アン・プロヴァンス(Aix-en-Provence)市郊外のLuynes村で、精神科医のミシェル・シャバジアン(Mihele Chahbazian)さんのお話を聴きました。

オリビエ・トレス教授の「中小企業経営者の苦しみ」という観点から、お話ししていただきました。

-中小企業経営者の患者はそれほど多くない。

-倒産が絡むときは、診察に来る。

-中小企業経営者は、何でも自分で解決することを要求されるので、自分の悩みを他人に打ち明けたりしない。

-自分で問題を解決すると、もう来なくなる。 だから、中小企業経営者は、精神科医にとって、あまりよい客とはいえない。

-インタビューの場におられた中小企業経営者の経験を持つ女性は、「中小企業経営者は自分で問題解決することを期待されている。だから、職業上のことを医者に話したりしない傾向にある。 自分で問題解決することになるわけだが、心の奥底に悩みが残ってしまうことがある。 これこそが「中小企業経営者の悩み」だろう」と語った。

-さらに同じ場におられた別の精神科医の方は、「中小企業の経営者が友人として相談には来る。 でも職業上のことを相談にはあまり来ない」

WEB "Guerre des Vins" http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~kamei/wine/index.html

WEB "Amis de Guerre des Vins"  http://d.hatena.ne.jp/JARMSWebmaster/

Mas de Cure Bourse (petit interview) 事業承継成功の鍵

Interview at L'Isle sur la Sorgue in August 2012

Mas de Cure Bourse near L'Isle sur la Sorgue

Mr. Gilles YAYI

He is a manager of Mas de Cure Bourse since 2007.  Before he was a "chef" at Lyon. 

Since he bought this hotel with a restaurant, he doubled the sales.

- What is a key factor of sucess of business acquisition (reprise des entreprises)?

- Experience, I am very familiar with "cuisine".

  "Polyvalence".   And of course Management.

Img_0239

WEB "Guerre des Vins" http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~kamei/wine/index.html

WEB "Amis de Guerre des Vins"  http://d.hatena.ne.jp/JARMSWebmaster/

About the fire at Buoux. (interview)

ビュウックス村へ。 火事の後。 丘が6ヘクタール燃えましたが、家に被害はありませんでした。 

村長さんと村長夫人にお話を聞きました。 電力会社の作業が出火の原因。 村の経済に与える影響はないとのこと。

Interview at Buoux in August 2012

Img_0097

The hill were burnt down by the fire on the 2nd of August.

Fortunately there was no dommage on the houses.

Mr. Jean-Alain Cayla, mayor of Buoux said there was no damage on the economy of the village.

Img_0101_3

The following pictures were taken on the day of the fire by Jean-Pierre Cayla, the first son of the mayor of Buoux.  It was on the 2nd of August.

Cid_4a39beea5d9f4f6f8a4c8a16f1bcaf2

Cid_d9b3c9023008487b9cb1a0485a6f19f

Cid_19455fd8bb8d4297b70b06c6e7b4a6f

Cid_94f9fc3d46a449fdab07e4b857d03d5

Sirius_Plan (interview)

Interview at Plage du Clot in August 2012

Siriusplan_press4_mod1


Sirius_Plan :

Unit of 3 beautiful ladies.

http://siriusplan.com/

.

ベルギーで活躍中、フランスで売出し中の女性3人ユニットSirius_Planメンバーのお話を聴きました。

Plages du Clotという浜辺から50メートルのところにあるClaireさんのお母さんGenevieveさんのご自宅にて。

Sirius_Plan の公式サイト → http://siriusplan.com/

Daude (interview)    ”Shiinise" de Montpellier.

Interview at Montpellier in August 2012

WEB "Guerre des Vins" http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~kamei/wine/index.html

WEB "Amis de Guerre des Vins"  http://d.hatena.ne.jp/JARMSWebmaster/

Img_0069

Shinise, old shop at Montpellier.

Daude is a store of underwear.

Madame Daude is the third generation depuis the founder of this shop.

Img_0059_2

Pinto is another old shop at Montpellier.

It was closed at this period of August.

Professor Michel Marchesnay (interview)

Interview at Montpellier in August 2012

WEB "Guerre des Vins" http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~kamei/wine/index.html

WEB "Amis de Guerre des Vins"  http://d.hatena.ne.jp/JARMSWebmaster/

************************

Monsieur Michel Marchesnay,

emeritus professor at Montpellier 1st University, Faculty of Management.

He is a pioneer in the field of academic research on SMEs (Small and Medium sized Enterprises).

Img_0014

Img_0016_3

Professor Marchesnay directed 90 doctoral thesis!   

The books with black cover are the thesis which he directed.

Hotel Ulysse, Montpellie (interview)

Interview at Montpellier in August 2012

WEB "Guerre des Vins" http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~kamei/wine/index.html

WEB "Amis de Guerre des Vins"  http://d.hatena.ne.jp/JARMSWebmaster/

**************

"Amis de Guerre des Vins" recommend Hotel Ulysse.

 

This hotel "sympathique" has been totally renovated since 2011

 

f:id:JARMSWebmaster:20120813144442j:image

 

f:id:JARMSWebmaster:20120813144441j:image

 

f:id:JARMSWebmaster:20120813144439j:image

Hotel Ulysse

338 av. de Saint-Maur 34000 Montpellier

Tél. : 04 67 02 02 30

http://www.hotelulysse.fr/

 

ビュウックス村で火事  Incendie

2012年8月9日(木)

南仏プロバンスのリュベロン地方にある素朴な美しい村 ビュウックス。

数えきれないくらい滞在した村です。 私のHPにこの村の写真がいっぱいあります。

今日、村長夫人のヴェロニクからメール。 以下の写真が添付されていました。

火事があったようです。 あの美しい村が。

Cid_4a39beea5d9f4f6f8a4c8a16f1bcaf2

Cid_d9b3c9023008487b9cb1a0485a6f19f

Cid_19455fd8bb8d4297b70b06c6e7b4a6f

Cid_94f9fc3d46a449fdab07e4b857d03d5


村長さん宅の向かいの丘だと思います。

見舞いに行きます。

狸さんの鹿さんマラソンへの長い道のり

8月8日(水) 1階から12階まで階段で上りました、を1回。

8月7日(火) 1階から12階まで階段で上りました、を1回。

8月6日(月) 「(狸みたいに)太ってきたね」と言われて発奮。 帰宅時、摂津富田駅までか、茨木までか走る予定が、仕事が長引き、結局、高槻駅まで走っただけ。つまり5分。

帰宅、夕食、仕事の続き完了後、なでしこの試合までの待ち時間の深夜、川端通りへ。

10キロ走るつもりでしたが、6キロでやめました。 5キロ時点で31分30秒。

8月5日(日)東京の宿の近くを約10分程度走りました。

8月4日(土) なんにもしませんでした。 狸さんへの道を一直線。 言い訳:東京出張だったし。

8月3日(金) 実習引率先で、朝、軽くランニング。 ただし、急な坂道を約5分かけて、上って練習しました。

8月2日(木) 実習に学生を引率。 実習先の施設のテニスコートで夕刻。 捕手としての送球の練習をして汗を流しました。 

ポイント①球を受けに行かない。 待つ。

ポイント②伸び上がらない。立ち上がらない。低い姿勢でステップを踏んで素早く送球する。 ワンバウンドでいい。

8月1日(水) トレーニングしませんでした。 鹿さんどころが、お腹がメタボ風味で、狸さんへの道のりになってきました。

7月31日(火) フランス関係者による意見交換の集いで酔ってしまい、トレーニングしませんでした。 鹿さん、すみません。

7月30日(月) 仕事帰りの活用:高槻ミューズキャンパス~JR摂津富田駅 ゆっくり 約30分

7月29日(日) T市Y小でのソフト練習でグラウンド2週+ソフト練習1時間半+プールでウォーキング300m

7月28日(土) 早朝5時半~30分 おじさんソフトで汗のみ

7月27日(金) ストレッチのみ

7月26日(木) およそ5.2キロを 28分

7月25日(水) 高槻ミューズキャンパス~阪急富田駅 26分14秒

080510cf512mb_009

Header_title2012_2

奈良マラソン2012のサイト

http://www.nara-marathon.jp/

Main

花火  Feu d'artifice

2012年8月8日(水)

茨木、辯天(べんてん)さんの花火を見ました。

ご紹介で特等席。 

半世紀生きてきましたが、こんなにまともに花火を見るのは初めてでした。

宗教とお祭りのつながり、宗教におけるお祭りの重要性を実感できました。

日常生活の時間と、お祭りの時間。

お祭りがあるから、日常生活が充実する。

お祭りが楽しいのは、日常一生懸命仕事をがんばっているから。

古い本ですが、栗本慎一郎さんの『パンツをはいたサル』の論理です。

かけがえのないものが欠けてしまって。。。 でじ亀が

6月20日にモンペリエの空港でAVISにシトロエンC4を返却するときにデジ亀を助手席に置き忘れました。 そのまま誰かがデジ亀をポケットに入れてしまったようです。

海外旅行傷害保険の「携行品損害」で保険金を請求手続きを進めましたが、「置き忘れ」は免責で、保険金がおりないという返事が東京海上日動から来ました。

ということで、約一月半、デジ亀なし生活。

昨日、ついに、デジ亀を新しく買いました。

ところが、そのデジ亀で。。。

携帯電話のストラップ、簡単に通せませんよね。 (不器用なのはどじ亀だけ?)

デジ亀のストラップも、うまく通せません。

悪戦苦闘。

通らないので→なめて→くりんくりんとねじって→

パンの袋をとめる、針金が真ん中に通った金色のひもみたいなのをストラップのひもにひっかけて

→それでも外れて

→針金入りの金色のひもみたいなのをストラップと交差させて、金色のひもみたいなのを半分に折って、くりんくりんとねじって

→それでも片側がずれてだんだん短くなったので、

→短くなったところを歯でかんで、ひっぱろうとすると、

白い粉が。。。 ぱらぱらっと。

先日76歳になった母親に50年前に健康に産んでいただきました。

10歳くらいのときに永久歯に生えかわって、以来40年間、付き合ってきた前歯。右の前歯の内側が少し欠けてしまいました。

取り返しのつかないどじ。

その後、半分に折ってくりんくりんねじり方式でもう一度トライしてストラップを通すことができました。

どじ亀が不器用だからでしょうか?

客観的に、ストラップ通しにくくありませんか?

[どじ亀」を買いました。 J'ai achete 'Doji kame'

2012年8月7日(火)

税務署へ。 確定申告書の記載ミス。 基礎控除や住宅ローン控除などを記載忘れ。 恥ずかしいミスです。 払った税金が???円、戻ってくることになりました。  指摘してくださった税務署の職員の方の丁寧な仕事ぶりに感謝します。

お仕事:先延ばしにしていた①~③を終えました。

①学会の会計

②学会、今年6月に行ったシンポ関係の支払

③昨年11月に行った「中小企業の事業承継・日仏シンポジウム」の記録誌の発送作業。まだ一部発送すべき方の分が残っています。

「中小企業の事業承継・日仏シンポジウム」の記録誌ですが、ご希望の方にお送りします。 

ご希望の方は、GFG04104@nifty.com へご一報下さい。

6月20日にモンペリエの空港にレンタカーを返却するときに助手席にデジ亀を置き忘れました。 以来、デジ亀なしの生活を送ってきました。

本日、ついにあたらしいデジ亀を購入しました。 失くしたデジ亀とバッテリーが同じタイプのものを購入。 CanonのIXY。

今度は大事にしないといけません。

なでしこ、やったー。 直接対決でフランスには負けたくない。

2012年8月7日(火)

なでしこジャパン、やりました! ロンドン五輪女子サッカー準決勝でフランスを2-1で破って決勝進出。 銀メダル以上確定。

川端通りでの6キロランの後、なでしこの試合をはじめて生で1試合フルに観ました。

バルセロナやスペイン代表を彷彿とさせるパス回し。 ディフェンスが安定。

前半1点、後半早い時間帯に1点。 いずれもセットプレーで、宮間のフリーキックから。

しかし、後半、1点を返されてからは、フランスが怒涛の攻撃。 PKをフランスが外す。

手に汗握りましたが、2-1で逃げ切りました。

どじ亀採点(何の?)

サメシマ 亀亀亀 (=モンペリエでプレーされていただけに、安定したプレー)

カワスミ 亀亀 

もちろんみな最高。

勝利の後、歓喜の輪。 

でも、控えの選手は、それでも、心の奥底では、「試合に出たい」と思っているだろうな、と。

団体スポーツ。特に、交代枠が3人しかない、サッカーは過酷です。

どじ亀は、おフランスで、おフランスのことを勉強するのが仕事の一部ですが、

スポーツで日本とフランスががちんこ対決になったときは、「絶対、フランスには負けたくない」のです。 

こういうときに、日本が負けて、知り合いのフランス人やフランス人の友人が「日本もがんばってたねー」と同情気味に言うのが、大嫌いなのです。

ここまで来たら、金メダルだ!!

ご褒美?

2012年8月6日(月)

朝、テレビで広島の原爆記念日式典を観ました。 8時15分に黙とう。 広島市長には「脱原発」を言ってほしかったです。 小学生の代表の言葉がよかったです。 

福島の事故の処理がまだまだ続くのに、早々に原発再稼働させた総理大臣のスピーチの前でテレビを切りました。 毎週金曜日に国会前で行われている「脱原発」の集会。なぜ、総理は、なぜ耳を傾けないのでしょうか。

マスコミは、原発について、使用済み核燃料の処理をどうするかがきちんと決定していないことをなぜ、もっと端的に訴えないのでしょう。 原発というのは、うんこの処理方法が決まっていないトイレのようなものではないのでしょうか。

新しく出版する本の校正(一回目)、

春学期の試験の採点

二つとも、今日仕上げることができました。

ご褒美に今日はランニングすることにしました。 これがご褒美?という感じですが、どじ亀にはご褒美です。

10キロ走ろうと思いましたが、6キロでやめました。

川端康成文学館の前の1キロのコース。一部、電灯がとても明るくなっていました。

狸さんみたいに太ってきた状態から脱却しないと。

ゼミのプチ同窓会  

2012年8月4日(土)

東京出張。

御茶ノ水の魚のおいしい居酒屋で、ゼミの卒業生が集ってくれました。

1期生 副ゼミ長の トクオカ。

2期生 ゼミ長の タケシ。

3期生 副ゼミ長の マリーゴ。

そして新婚ほやほやのタケシの奥様。

トクオカは3度目の転職で、金融から商社に転身。 昔も今も、優秀です。

タケシは、転職して、今はベンチャー企業のマネジャー。 メディア担当のようなことをしているようです。

奥様は、タケシの前の職場に今もお勤め。 職場関係のスノボツアーで知り合われたようです。

マリーゴは、最年少の女子マネジャーまであと一歩とのこと。 子連れマネジャーも視野に入れておられるようです。

学生時代のゼミでプレゼンを鍛えたのが役立っています。と言ってくれました。

真面目な話が中心でしたが、昔と変わらぬアホな話でも盛り上がりました。

みな、それぞれの道でがんばっておられます。

(ここにマリーゴのスマホで撮影した写真を送ってもらったら貼る予定)

宿泊研修

2012年8月2日(木)~3日(金)

神戸の防災設備をめぐる宿泊研修の引率をしました

神戸セミナーハウスに宿泊。

Dsc_0468


入門演習どじ亀クラスではでは20時から21時まで1時間みっちり課題であるポスターの素案作りをしました。最後に各班代表者がボードに素案を書いたうえで、プレゼンしました。 

 
Dsc_0469


がんばった学生たちへのご褒美としてピアノ・ミニリサイタル! 

曲はロンドン五輪開会式で奏でられたHey Jude。 

Dsc_0477_2

なんとか最後まで弾けました。。。

**************

2012年8月3日(金)午後、O市の教員研修を担当しました。

「クロスロード」を使った演習のファシリテーターをしました。 今日は金座布団獲得者が本当にたくさん出ました。

フランス関係者による意見交換の夕べ(3) 頑張っている人たち

烏丸のオーバカナルにおいて、フランス関係者による意見交換の夕べ (続き)

頑張っている人たち。

318726_3832089595424_1798834807_n_2Dojikame48

・ツールーズ大学社会学部の学生として頑張っているチヒロさん。

フランスの大学は高校最終学年でバカロレア(大学入学資格試験)に合格すれば、大学に書類を提出すれば、誰でも大学に入学できます。

その代り、大学1年生から2年生に進級するのが大変厳しいです。

難関をくぐり抜け、見事、進級することになりました。

・フランス政府留学局のミホさん。

大学在学中、まずはフランスへ交換留学。 さらにフランスのジャーナリズムの学校に2年間留学されてディプロム取得。 某エアラインのフライト・アテンダントを経て、フランス政府留学局に着任された努力家。

今回、Dojikame 48の仲間に。

・フランス語翻訳通訳のヨシコさん。

かつてパソコン通信というものがあった時代。 パソコン通信最大手のニフティ・サーブ(現在の@nifty) にフランス語会議室というものがありました。 その中で、フランスのTV「フランス2」の20時のニューズの書き取り添削演習をみんなでしていた時期がありました。

そうして鍛えられたフランス語を活かして、次々とフランス語の資格を取得。現在、フランスからのお客様のアテンド、フランス関係のイベントの通訳で活躍中。

・フランスのコンセルヴァトワールなどに約七年間留学されていたピアニストのユキコさん。

11月3日に寝屋川でリサイタルをされます。

・ロマンさんと2人3脚で、フランスと日本の架け橋なるような文化活動(ブルターニュ・ダンス)の指導をされているユキさん。 国際交流の仕事をされています。

・中江兆民をテーマに博士論文のラストスパートのロマンさん。

・四国のロイヤルホテルでソムリエとしてご勤務の後、猛勉強の末、フランス語通訳と翻訳者として開業されたトモキさん。ミュージシャンでもあります。

結論:

フランスに関する勉強を継続してきた私たち。

英語・英語圏とは異なる、フランス語とフランスの勉強をしてきて、人生2倍生きているような感じで、それぞれの道で頑張っています。 これからも、フランスとの関わりを大切にして社会に貢献していきたいです。

Img_1252

プロデューサーの亀元康(中央)

フランス学習の夕べ(2) Soiree d'etude sur la France (2)

(嬉しかったこと)

京都の関西日仏学館の図書館で。

1階から2階に上がる階段の途中に作られた棚はワイン書のコーナー。

ふと見ると、本立てに表紙が見えるように飾られた見たことのあるような本が。

私が訳したオリビエ・トレス『ワイン・ウォーズ』でした!

今朝は、中江兆民についての博士論文を執筆しているロマン君に京大を案内していただき、最後に関西日仏学館に寄りました。 フランス政府留学局のミホさんにもお目にかかりました。

385448_3832093555523_257515608_n
ロマン君とオーバカナルにて。

図書館のご担当のフランス人の方に聞くと、『ワイン・ウォーズ』を借りてくれる人が結構いるようです。 本にサインをさせていただきました。 このテーマで久々に講演会も企画できるかもしれません。 

*↓『ワイン・ウォーズ』の特設サイトです↓

http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~kamei/wine/index.html

*烏丸のオーバカナルにおいて、フランス関係者による意見交換の夕べを開催したときの写真です。 送っていただいた写真です。

418302_3832156437095_1025492972_n_4

558235_3832077915132_929725708_n_2










2012年のお仕事 8月1日 up to date

今年もささやかながら、社会に貢献すべく、いろいろと努力しています。 今年の業績をまとめてみました。  

2012年の業績  

・第199回
2012年12月5日(水)
時間:13:00–16:10
場所:りそな銀行
大阪本社地下2階講堂
詳細
子どもの安全とリスク・コミュニケーション研究班
主幹、社会安全学部教授
亀井克之
中小企業による安全・安心な街づくりの試み
委嘱研究員、石井兄弟社・代表取締役
石井 至
グローバル資本主義を卒業した私の選択と結論
-「デリバティブ」「リスクのしくみ」から「セレブ・リゾート」「慶應幼稚舎」「子ども安全」まで -

・2012年10月9日 日本監査役協会 講演

・2012年8月3日(金) 大阪市教育委員会 教員研修

・南仏経営者インタビュー

・太陽と健康の文化[南仏閑話]第7回南仏からのメッセージ 「中小企業経営者の健康問題についての講座が南仏の大学に誕生  」『ネクスト』Vol. 60/2012 夏号,(株)扶洋NEXT編集委員会,  p.13-14。

・「AMAROK本部を訪問して」『実践危機管理』ソーシャル・リスクマネジメント学会,第26号,2012年7月,p.98-104。

・講演 「リスクとコミュニケーション」 関西大学第一高等学校・関大北陽高等学校,関西大学高等部生徒向け模擬講義,2012年7月14日(土),関西大学高槻ミューズキャンパス西館M313教室

・「事故と保険」社会安全学セミナー,関西大学社会安全学部,2012年7月7日,関西大学高槻ミューズキャンパス 西館M911教室。

・実行委員長,平成24年度関西大学国際交流助成基金による国際シンポジウム,2012年6月28日

持続的発展-経済と文化-

内容

第一部(日本語) 持続的発展-文化-
    講演:「日仏交流と関西大学」    大久保朝憲 文学部教授
    講演:「ESCEMと日仏交流」    レモン洋子 氏(ESCEM)
    スピーチ・セッション:日本留学中のフランス人学生とフランスに留学した関西大学学生・院生
第二部(フランス語) 持続的発展-経済-CSR:企業の社会的責任
    講演:「CSRは経営戦略となりえるか?」    リシャール・ソパルノ 氏(ESCEM)
    講演:「マーケティング活動のCSRへの貢献」    エリック・スティーブンス 氏(ESCEM)

http://www.kansai-u.ac.jp/mt/archives/pdf/120611_n_international_symposium.pdf

・通訳,平成24年度関西大学国際交流助成基金による国際シンポジウム,2012年6月28日「持続的発展-経済と文化-」第二部 「持続的発展-経済-CSR:企業の社会的責任」講演:「マーケティング活動のCSRへの貢献」    エリック・スティーブンス (ESCEM)

http://www.kansai-u.ac.jp/mt/archives/pdf/120611_n_international_symposium.pdf

・Inauguration de la chaire, le 18 juin 2012

・15分スピーチ「危機管理とリーダーシップ」ソーシャル・リスクマネジメント学会第2回関西部会,2012年5月8日(火),吹田市民文化会館(メイシアター)集会室。

・日仏経営学会誌

・Katsuyuki Kamei and Leo Paul Dana, "Examining the impact of new policy facilitating SME succession in Japan: from a viewpoint of risk management in family business" International Journal of Entrepreneurship and Small Business, Vol. 16, No. 1, 2012
Inderscience Enterprises Ltd., p.60-69.

・フランス企業の日本進出戦略 のWEB論文 

・講演 Kandai 1 セミナー 「社会安全とリスクマネジメント」 京都成章高等学校,2012年4月20日(木) ,3年生460人。

・『週間朝日』2012年4月6日号(表紙 大島優子) p.19-20 「またまたミスター担ぎ出す 読売新聞よ、どこへ行く?」にコメント

・「リスクマネジメントによる企業価値向上」『BLP』, Vol.49, 2012 March, UR都市整備機構,p. 7-8.

・調査と資料

・研究双書

・発行・編集責任者,関西大学 中小企業の事業承継・日仏シンポジウム実行委員会編『中小企業の事業承継日仏比較研究』RPSセンター,2012年3月31日,p.85。

・発行・編集責任者,関西大学 中小企業の事業承継・日仏シンポジウム実行委員会編Colloque Franco-Japonais sur la Transmission et la Reprise des PME,RPSセンター,2012年3月31日,p.121.

・総合司会,201関西大学経済・政治研究所,子どもの安全とリスク・コミュニケーション研究班研究会,①『未来の食卓』上映会,②ビオマーケット 広報部 小林重仁 「食の安全の取り組みについて」2年3月13日(火)16時~18時30分,関西大学 高槻ミューズキャンパス 西館M804教室。

3月12日(月) 14時~16時

関西大学経済政治研究所,平成23年度第7回公開セミナー,子どもの安全とリスク・コミュニケーション研究班,関西大学 千里山キャンパス 児島惟謙館 2F第2会議室 無料

「映画館産業の日仏比較 -経営戦略と安全管理-」

第一報告「映画館と経営戦略」ピエール・ロワ 

第二報告「映画館と地域社会」 亀井克之

司会・通訳:クリス・ベルアド(大阪大学大学院言語文化研究科博士課程後期課程)

http://www.kansai-u.ac.jp/Keiseiken/open/pdf/H23_7kseminar.pdf

3月9日(金)16時~17時30分 関西大学 高槻ミューズキャンパス 西館M303教室

通訳「シネマ・コンプレックスの経営戦略と安全管理」 ピエール・ロワ

・実行委員長,関西大学社会安全学部第2回ワークショップ,2012年3月9日,関西大学高槻ミューズキャンパス ミューズホール。

http://www.kansai-u.ac.jp/Fc_ss/news/2012/03/fss.html

・太陽と健康の文化[南仏閑話]第6回南仏からのメッセージ 「   」
『ネクスト』Vol. 59/2012 春号,(株)扶洋NEXT編集委員会,  p.??

・上田和勇・亀井克之「3.11後の日本に求められるリスクマネジメント」(第35回全国大会統一論題:司会兼問題提起)『危険と管理第43号』「東日本大震災とリスクマネジメント」日本リスクマネジメント学会,2012年3月,p.1-5。

・「311後のビジネス・リスクマネジメントの基礎的概念と事例」『マネジメント・ジャーナル』第4号,神奈川大学国際経営研究所,2012年3月,p.45-63.

・「中小企業の事業承継・日仏シンポジウムについて」

・ソーシャル・リスクマネジメント学会会報『実践危機管理』第25号(2012年1月)PP.97-99(PDF/528KB)

http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~kamei/colloque2011/doc/media/201201_jissen_kikikanri.pdf

・太陽と健康の文化[南仏閑話]第5回南仏からのメッセージ「中小企業の事業承継日仏シンポジウム」
『ネクスト』Vol. 58/2012新年号,(株)扶洋NEXT編集委員会, PP. 13-14(PDF/454KB)

http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~kamei/colloque2011/doc/media/20120120_next.pdf

・「中小企業の事業承継・日仏シンポジウムについて 」
『社会安全学研究』第2号(2012年)PP.111-112
(PDF/389KB)

http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~kamei/colloque2011/doc/media/2012_shakaianzengakukenkyu.pdf

フランス学習の夕べ(1)   Soiree d'etude sur la France (1)

2012年7月31日(火)

烏丸のオーバカナルにおいて、フランス関係者による意見交換の夕べを開催しました。

・フランス留学のビザ申請は、予約が必要になっており、以前よりもずっと早めにしなければならないこと。

・フランスの若者、フランスに留学した外国人にとって、就職状況が厳しいこと。

・京都など観光地で外国人をガイドして報酬を得る場合、通訳ガイドの資格が必須であったが、これが必須でなくなる方向。  つまり、通訳ガイドの資格を持っているということで差別化が図れたが、現在は、そうではなくなっている。

120731_211601_1_5

7月生まれ(24日、30日、そして今日31日)集合。  合同祝賀会。




« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »