« 高槻北高と槻の木高の校長先生による講演会(社会安全学部) | トップページ | 優勝! »

海外安全の担当者による講演会(社会安全学部)

企業の担当者による海外安全、海外事業のリスクマネジメントに関する講演会を実施しました。

 まず、2013年1月9日(水)の「リスクマネジメント論」の講義の中で、ゲストスピーカーとして、帝人株式会社グローバル人事室室長の吉村慶夫さんをお招きし、帝人におけるリスクマネジメント体制、2011年タイ洪水への対応、2012年中国での反日デモへの対応など、具体的な取り組みについて話していただきました。

Img_9694

Img_9706_4

 さらに、就職活動を行う社会安全学部生に対して、採用側の視点からアドバイスがありました。「変わる努力をする。変わり柔軟に対応することで生き抜いていく」という学生への言葉で締めくくられました。

 1月12日(土)には、関西大学経済・政治研究所の第7回公開セミナーとして、講師にパナソニックエクセルインターナショナル株式会社執行役員でGlobal Safety & Security Solution Center所長(前パナソニック海外安全室室長)の辻廣道さんをお招きし、「企業の新興国における危機管理取組み事例」と題する講演会を開催しました。 

P1060082


 パナソニックにおける海外安全の取組み、2011年タイ洪水への対応、2012年中国での反日デモへの対応、平時における海外リスクマネジメント態勢、外務省の海外安全のホームページの活用など、海外リスクへの対応の具体例について話していただきました。

P1060186

「①予防こそが最高の危機管理。海外では事故や事件に巻き込まれることを想定する。日本の常識では通用しない。②万が一に備えて準備し、楽観的に行動。③その国の風俗・習慣・文化さらに価値観を充分に考えて行動。④現地社会に溶け込み、ネットワーク作り」という海外安全のポイントでお話を締めくくられました。

« 高槻北高と槻の木高の校長先生による講演会(社会安全学部) | トップページ | 優勝! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外安全の担当者による講演会(社会安全学部):

« 高槻北高と槻の木高の校長先生による講演会(社会安全学部) | トップページ | 優勝! »