« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年の主な業績

2013年 業績一覧 (マスコミへのコメント等を除く)

【著書】
共著 亀井利明・亀井克之『危機管理とリーダーシップ』同文舘出版,2013年10月,205p.
(第1章・第2章・第10章・第11章・第12章・第13章・第14章・第15章・第16章・あとがき執筆)

[分担執筆]
単著 「事故と損害保険」関西大学 社会安全学部[編]『事故防止のための社会安全学』第14章,
ミネルヴァ書房,2013年3月25日,pp.265ー280.

[論文]
単著 「フランスにおけるリスクマネジメントの現状から」『実践危機管理』ソーシャル・リスクマネジメント学会,第27号,2013年1月,pp.80-83.(査読なし)

共著 Katsuyuki Kamei Jean-Francois ESTIENNE,“JAPAN’S HOUSE CONSTRUCTION WARRANTY AND ITS REINSURANCE SYSTEM”(「日本における住宅瑕疵担保責任保険と再保険制度」),Safety Science Review 2012 №3,Kansai University Graduate School and Faculty of Safety Science, March 2013, pp.21-40.(査読あり)

共著 亀井克之 岡室昇志 斎藤栄三 清水雅嗣 吉川裕樹,「中小企業による安全・安心な街づくりの試み-間伐材を利用したブロック塀代替工法について-」
『セミナー年報 2012』,関西大学経済・政治研究所,2013年3月31日,pp.103-109. (査読なし)

共著 Teruo Shinato, Katsuyuki Kamei and Leo-Paul Dana, “Entrepreneurship education in Japanese universities –how we train for ‘risk taking’ in the culture of ‘risk adverse’, International Journal of Entrepreneurship and Small Business, pp.1-21. (査読あり)(校正中)

[その他]
単著 「ESCEMー関西大学 日仏シンポジウム「持続的発展―経済と文化―」について」
『セミナー年報2012』関西大学経済・政治研究所,2013年3月31日,pp.157-161.

単著 研究ノート「フランスにおける中小企業の事業継承研究」
『事業承継』 Vol.2,事業承継学会,2013年3月31日,pp.68-74.

単著 「日本リスクマネジメント学会 創立35周年記念・国際会議参加と日本学術会議公開シンポジウム企画について」『実践危機管理 』第28号,ソーシャル・リスクマネジメント学会,2013年8月,pp.115-125.


[その他 (専門誌・雑誌)]
単著「リスクマネジメントの考え方~今さら聞けない思考の基本~」
(連載「異色リスクマネジメント図鑑」Vol.5),『経営視座』 第1671号/2013年1月号,株式会社タナベ経営,pp.15-17.

単著「中小企業の事業承継問題とリスクマネジメント」
(連載「異色リスクマネジメント図鑑」Vol.6),『経営視座』第1672号/2013年2 月号,株式会社タナベ経営,pp.15-17.

単著「ソーシャル・リスクマネジメント~港製器工業の安全・安心な街づくりの試み~」
(連載「異色リスクマネジメント図鑑」Vol.7),『経営視座』第1673号/2013年3月号,株式会社タナベ経営,pp.15-17.

単著「怒らないコミュニケーションでリスクを回避する」
(連載「異色リスクマネジメント図鑑」Vol.8),『経営視座』第1673号/2013年4月号,株式会社タナベ経営,pp.16-17.

単著「教育現場の取り組みに学ぶリスクマネジメント」
(連載「異色リスクマネジメント図鑑」Vol.9),『経営視座』第1674号/2013年5 月号,株式会社タナベ経営,pp.15-17.

単著「ソーシャル・リスクマネジメントの実践」
(連載「異色リスクマネジメント図鑑」Vol.10),『経営視座』第1675号/2013年6月号,株式会社タナベ経営,pp.15-17.

単著「危機管理とリーダーシップ」
(連載「異色リスクマネジメント図鑑」Vol.11),『経営視座』第1676号/2013年7月号,株式会社タナベ経営,pp.14-15.

単著「先人の研究・古典に学び、理念・哲学を確立する」
(連載「異色リスクマネジメント図鑑」Vol.12),『経営視座』第1677号/2013年8月号,株式会社タナベ経営,pp.14-15.

単著「ミシュランガイドの素顔」
(「太陽と健康の文化[南仏閑話]」第1回)『NEXT』Vol. 54/2011年新年号,(株)扶洋NEXT編集委員会,2011年1月20日,pp. 11-12.

単著「南仏プロバンス冬の風物詩」
(「太陽と健康の文化[南仏閑話]」第9回)『NEXT』Vol.62/2013新年号,(株)扶洋NEXT編集委員会,2013年1月20日 ,pp.11-12.

単著「日本食は健康食 南仏アプトの自然食品店」
(「太陽と健康の文化[南仏閑話]」第10回)『NEXT』Vol.63/2013春号,(株)扶洋NEXT編集委員会,2013年4月20日,pp.13-14.

単著「ワイン・ウォーズ 南仏の小村を揺るがしたモンダビ事件の教訓」
(「太陽と健康の文化[南仏閑話]」第11回)『NEXT』Vol.64/2013夏号,(株)扶洋NEXT編集委員会,2013年7月20日,pp.15-16.

単著「おそるべし、フランスの日本ブーム -南仏小村の日本展から日本のロックバンドのパリ公演まで-」
(「太陽と健康の文化[南仏閑話]」第12回)『NEXT』Vol.65/2013秋号,(株)扶洋NEXT編集委員会,2013年10月20日,pp.17-18.

[学会 発表]
「リスクマネジメント研究の35年-保険管理からの心の危機管理まで-」,
日本リスクマネジメント学会 関東部会-学会創立35周年記念 公開シンポジウムー,日本学術会議一部経営学委員会・日本リスクマネジメント学会,日本学術会議講堂,2013年6月28日.

[国際シンポジウム 実行委員長]
日本側実行委員長・モデレーター「新たなリスクと中小企業」(Les PME face aux nouveaux risques),
日仏公開討論会,主催 アンスティチュ・フランセ関西/在日フランス大使館,共催 関西大学社会安全学部 日本リスクマネジメント学会,関西大学 千里山キャンパス,2013年9月13日

[学会全国大会 実行委員長]
日本リスクマネジメント学会 創立35周年記念 第37回全国大会, 関西大学 千里山キャンパス,
2013年9月13日-14日.

[講演]
「防災と街づくり」
KUMC 茨木市民活動センター主催,市民フォーラム「東日本大震災から2年を経て、見えてきた課題」茨木市民会館,2013年3月2日.

「『ワイン・ウォーズ~モンダヴィ事件~』をめぐるワインと南仏の話」
アンスティチュ・フランセ関西 大阪,2013年4月27日.

「海外におけるリスクマネジメントの現状」
大阪能率協会 第13回RM講座,マイドーム大阪,2013年6月1日.

「マーケティング戦略・事例研究」
経営マネジメント ビジネススクール,大阪工業協会,2013年10月10日.

「リスク・コミュニケーション教材『子どもの安全』版の開発-子どもの安全とリスク・コミュニケーション研究班4年間の活動総括-」
関西大学 経済・政治研究所 第203回産業セミナー,関西大学 千里山キャンパス 尚文館1階マルチメディアAV大教室,2013年11月13日.

「マラソンと地域スポーツから見た安全・安心な街づくり」,
関西大学 高槻ミューズキャンパス公開講座,2013年11月20日.

「リスクマネジメントの考え方」
近畿・中国高速道路消防協議会研修会,吹田市消防本部,2013年11月22日.

「リスクマネジメントの基本的な考え方~企業における事例より~」
大阪市立高等学校教育研究会 全体集会,大阪市教育センター,2013年12月6日.

「子どもの安全とリスクマネジメント」
平成25年度福知山市子ども・地域安全セミナー,福知山市教育委員会・福知山市子ども安全対策連絡協議会,夜久野ふれあいプラザ 文化ホール,2013年12月6日.

「リスクマネジメント」
経営マネジメント ビジネススクール,大阪工業協会,2013年12月12日.

[研究会等 報告]
共同報告,岡室昇志・吉川裕樹・亀井克之,「間伐材を利用したブロック塀代替工法」,
第17回 関西大学先端技術科学技術シンポジウム,関西大学先端科学技術推進機構,関西大学100周年記念会館,2013年1月29日.

[高大連携 Kan-Dai1セミナー等]  
「危機管理とリーダーシップ」大阪府立山田高等学校,2013年9月27日.

「危機管理とリーダーシップ」大阪府立市岡高等学校,2013年11月10日.

「危機管理とリーダーシップ」大阪府立千里青雲高等学校,2013年1月17日.

「危機管理とリーダーシップ」島根県立江津高等学校,2013年3月12日.

「危機管理とリーダーシップ」大阪府立市岡高等学校,2013年11月16日.

目標に届かず...

第25回 加古川マラソン 記念大会
目標の5時間以内に届かず 5時間7分 

21キロ地点で1時間50分だったのに...、
25キロ地点で大失速。
34キロ地点では、両脚が同時につって、大転倒してしまいました。

痛かった。 あとは本当に悲惨でした...   

最後の1キロを、地元の陸上部の中学生が「応援ランナー」として、一緒に走ってゴールインしてくれました。 
小さな伴走者に「もう少しでゴールですよ」 とか励ましてもらって、とてもありがたかったです。

1470039_10152139682123287_611162298

半年間の節制・筋トレで肉体改造できたので、根拠無き、やれるだろう感を抱いていたのが失敗でした。

来年こそ4時間台目指します。

いただいたアドバイス:
「脚のつりには、梅丹本舗の2RUNが、いいですよ!」
「前半グッと抑えて、後半にエネルギー温存してください!」
「30km走で練習するのも良い」
「タイム目標は立てない方がいい結果がでます。最後まで走りきれる練習方法と当日対策をとれば、次回は5時間切りどころか、4時間ちよっとでいけるはず。中間地点の1時間50分は、ちょうど4時間ジャストのペースメーカーのタイム。前半は、5時間のペースメーカーと並走するのがいい。」

フランスに書道を伝える KYOKO SHODO LAB 

フランスに書道を伝える事業をされている
KYOKO SHODO LAB. の書道家の今日子さん facebook.com/kyokosato.shodo
プロデューサーの佐藤さん

Img_4824

グランドフロントで開催された 対仏投資庁と在日フランス商工会議所のイベントでお目にかかりました。


このイベントでは対仏投資庁のグリニョンさんが完璧な日本語でプレゼン。

Img_4812


在日フランス商工会議所がご用意下さったアルザスワインが美味しかった。

Img_4822


« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »