« 2016年1月 | トップページ

2016 第10回 東京マラソン 

2016年2月28日 第10回 東京マラソン

京都マラソンに続き2週連続のフルマラソン。

歩かず、足つらず、無事完走。4時間15分。

10th Tokyo Marathon. 4h15m.

Tokyo_2016
2週連続のフルマラソンを走り終えて

Img_2416
東京マラソン・エクスポ 第一生命のスタンドにて 尾崎好美さんと

サブ4 達成  (京都マラソン 2016)

2016年2月21日 第5回 京都マラソン

サブ4達成

3時間56分37秒

Kyoto_2016_3


Img_2377


まさかのサブ4達成。目標は4時間半だったのですが。
3時間56分37秒。自己ベストを45分20秒更新しました。

第5回京都マラソン。抽選で当たって走る初めてのマラソン。

25キロくらいから目標をサブ4に切り替えて、若い4時間ペースランナーにくらいついて走りました。
41キロで、ペースランナーを抜いて、足がつるリスクがありましたが、ラストスパートしました。

5th Kyoto Marathon. "Sub 4" achieved. 3h56m37s


2016年の活動記録 2016年1月1日~12月31日

2016年の活動記録 2016年1月1日~12月31日

著書
亀井克之 編著
『新たなリスクと中小企業 日仏シンポジウムの記録』関西大学出版部,2016年3月,112p.

Katsuyuki KAMEI
Les PME face aux nouveaux risques, Editions Universite du Kansai, mars 2016, 50p.

羽原敬ニ・亀井克之 共編著
『日本的リスクマネジメント理論の現代的意義 -亀井利明最終講演の記録-』関西大学出版部,2016年10月,168p.

亀井克之 分担執筆
「東日本大震災が企業リスクマネジメントに及ぼした影響」『東日本大震災 復興5年目の検証』関西大学社会安全学部 編,ミネルヴァ書房,第11章,2016年3月,pp.231-249.

論文
The transfer of small and medium-sized Japanese family businesses to the younger generation: narratives by student-successors
Katsuyuki Kamei, Sonia Boussaguet, Aude D'Andria, Romain Jourdan - Int. J. of Entrepreneurship and Small Business 2016 - Vol. 27, No.4 pp. 525 - 541

亀井克之 単著 (査読あり)
「東日本大震災が企業リスクマネジメントに及ぼした影響」 『社会安全学研究』No.6,関西大学社会安全学部,2016年3月,pp.103-114.


その他論考 単著
亀井克之 「まえがき」 『危険と管理』第47号(リジコポリティクの100年 -リスク・パラドックス-) 日本リスクマネジメント学会  2016年5月 pp.I~II

その他論考 共著
フランツ・バルデンベルガー,亀井克之「第39回全国大会/ドイツ日本研究所 国際フォーラム 「リジコポリティクの100年 -リスク・パラドックスー」の記録」 『危険と管理』第47号(リジコポリティクの100年 -リスク・パラドックス-) 日本リスクマネジメント学会  2016年5月 pp.85~97.

その他 論考 
共訳
Ortwin Renn著 亀井克之,フランツ・バルデンベルガー訳
"The Risk Paradox Global Risk Challenges and Perception" 『危険と管理』第47号(リジコポリティクの100年 -リスク・パラドックス-) 日本リスクマネジメント学会  2016年5月 pp.113-121.

その他 エッセー 
「太陽と健康の文化「南仏閑話」第21回 『NEXT』Vol.74/2016新年号株式会社扶洋NEXT編集委員会

「南仏モンペリエの街を訪れて -フランスにおける中小企業研究の聖地-」
「太陽と健康の文化「南仏閑話」第22回 『NEXT』Vol.75/2016春号株式会社扶洋NEXT編集委員会 2016年4月 pp.11-12

「太陽と健康の文化「南仏閑話」第23回 『NEXT』Vol.76/2016夏号株式会社扶洋NEXT編集委員会

「紺碧海岸(コート・ダジュール)の華 ニースに想いを寄せて -2016年7月14日・フランス革命記念日のテロ-」
「太陽と健康の文化「南仏閑話」第24回 『NEXT』Vol.77/2016秋号株式会社扶洋NEXT編集委員会 2016年10月 pp.15-16.

『あんしんLife』

その他 関西大学媒体
『関西大学 社会連携事例集』2
『関西大学通信 Kandai Style』
『関西大学 社会安全学部 パンフレット』

『保険毎日新聞』
日新火災 アドバンスクリエイト 日本リスクマネジメント学会第40回全国大会

『北海道新聞』

『AERA』

WEB

高槻市ケーブルテレビ
高槻市HP
産経新聞

五百住小学校 放課後教室
奥坂小学校 来訪 2回
市岡高等学校
関西大学高等部

サエラ助言

フロランス・ギリアニ 老舗・中小企業調査
講演×2回  + 日仏経営学会

霧の向こう

3月24日 10月5日×2

11月17日 ブランド戦略研究所

大阪医科大学

ゲスト講演 アドバンスクリエイト イヴレス 日新火災 東京海上日動 総合警備 TEDxTohoku 竹本先生

AMAROK フランス 経営者の健康支援機構との交流の記録

2009年 オリビエ・トレス教授 初来日

オリビエ・トレス著『ワイン・ウォーズ:モンダヴィ事件』(亀井克之訳 関西大学出版部 2009年)のサイト

フランスAMAROKの紹介記事 (『保険毎日新聞』2010年2月17日)
http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~kamei/wine/img/about/torres-hokennews.pdf


2010年 オリビエ・トレス教授 2度目の来日

「日本リスクマネジメント学会第34回全国大会においてAMAROK Japan 設立」
Herault Juridique & Economique 誌 掲載 (2010年9月30日号8ページ)
http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~kamei/wine/img/about/observatoire_20100930.pdf

「トレス教授 二度目の来日」
http://dojikame.cocolog-nifty.com/montpellier/2010/09/post-f80e.html

「AMAROK Japan設立」
http://dojikame.cocolog-nifty.com/montpellier/2010/09/amarok-japan-c9.html


2011年   10月  尾久裕紀・亀井克之 AMAROK本部を訪問 パリの学会で報告

「AMAROK 本部 訪問」
http://dojikame.cocolog-nifty.com/montpellier/2011/10/amarok-3fbf.html

「フランス AEI(起業家活動・イノベーション学会)で報告」
http://dojikame.cocolog-nifty.com/montpellier/2011/10/aei-6aaa.html

「南仏モンペリエ 中小企業経営者との意見交換会に参加」
http://dojikame.cocolog-nifty.com/montpellier/2011/10/post-6332.html


2012年 6月 亀井克之 南仏モンペリエ大学経営学部 「経営者の健康問題についての講座」開設記念式典に出席

「亀井克之 南仏モンペリエ第一大学の委員に」
http://dojikame.cocolog-nifty.com/montpellier/2012/02/post-8252.html

「中小企業経営者の健康問題についての講座が南仏の大学に誕生」
http://dojikame.cocolog-nifty.com/montpellier/2012/06/post-ac37.html

「2012.6.18モンペリエ大学経営学部記念式典ビデオVideo AMAROK」
http://dojikame.cocolog-nifty.com/montpellier/2012/07/2012618video-am.html


2014年 オリビエ・トレス教授 3度目の来日 京都でシンポジウム開催

公開シンポジウム「中小企業・老舗経営者の健康とリスクマネジメント」

京都でのシンポジウムに先立ち、亀井克之がモロッコ・アガジールで開催されたオリビエ・トレスが会長を務めるフランス語圏国際中小企業学会シンポジウム(CIFEPME)に参加。
 

2015年 11月 AMAROK本部から フロランス・ギリアニ氏が来日


2016年 2月 亀井克之がAMAROK 本部を訪問

モンペリエ大学経営学部Labex Entreprendre 学術委員会出席

2016年2月9日(火)
モンペリエ大学 経営学部の研究所Labex Entreprendre の 学術委員会に出席。

フランス国家の予算を適正に使用して研究活動を行っているかについて、外部委員として評価。

Labex_entreprendre_2016_2

Labex_entreprendre_2016

« 2016年1月 | トップページ