中小企業研究 4大学術誌 における事業承継研究(堀越昌和 論文より)

 

〇中小企業研究 4大学術誌 

Small Business Economics  

Journal of Small Business Management

International Small Business Journal

Journal of Business Venturing

 

堀越昌和 「英文文献で見る中小企業の事業承継の現状と課題 -四大学術誌を中心に」 

経営研究: 福山平成大学経営学部紀要, 第15号(2019),79-99頁

では、中小企業研究4大学術誌に掲載された事業承継をテーマとした41本の論文がレビューされている。

検索されたキーワードは、事業承継(succession)、後継経営者(successor)、先代経営者(predecessor)、遷移(transition)、中小企業(small and medium-sized enterprises、SMEs)、ファミリービジネス(family business)。

この論文が示した中小企業研究4大学術誌へのアクセスの方法。

Small Business Economics

March,1989,Volume1,Issue1~

Springer https://link.springer.com/

 

Journal of Small Business Management

October,1963,Volume1,Issue1~July,1971,Volume 9,Summer Issue 

National Council for Small Business Management Development

October,1971,Volume9,Issue4~April,2018,Volume56,Issue2

EBSCOhost http://web.b.ebscohost.com

 

International Small Business Journal

前身 European Small Business Journal

September,1982,Volume1,Number1~Summer,1983,Volume1,Number4 

Woodcock Publications Ltd.

September,1984,Volume1,Issue1~March,2018,Volume36,Issue2

Sage Journals http://journals.sagepub.com

 

Journal of Business Venturing

Winter,1985,Volume1,Issue1~January,2018,Volume33,Issue1

EBSCOhost http://web.b.ebscohost.com/

Aritcle in Japon on Pfof. Dana ダナ教授関連記事

ダナ教授関連記事  Aritcle in Japon on Pfof. Dana

 

↓高槻市のHP
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kakuka/seisakuzai/eigyouko/gyomuannai/machiphoto/h26/h26_04/14041501.html

 

↓産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140416/osk14041602050003-n1.htm

 

共同通信の記事配信内容:

 

2014/04/16 16:07
◎「今も苦しむ人がいる」 ダナ教授、 NZ地震を語る 
 2011年に起きたニュージーランド地震で被災し、フランスやオランダの学校で客員教授を務めるレオ・ポール・ダナ氏(56)が16日、 関西大の千里山キャンパス(大阪府吹田市)で講演し、「今も多くの人が身体的、精神的に苦しんでいる」などと、当時の様子や現在の状況を語っ た。

 

 地震は11年2月に発生し、日本人学生28人を含む185人が犠牲となった。当時、クライストチャーチの大学で教えていたダナ教授も被災。腰を骨折し、母親を失った。今も不安を抱えながら生活する人が多いという。

 

 ダナ教授は起業家活動の専門家として多くの国を訪れ、経済を研究してきた。「リスク は常につきまとうもの。絶対に安全、というのはありえない。経済でも自然でも一緒だ」と集まった約300人の学生らに話した。

 

 

 

 

田中充名誉教授ご逝去

田中充名誉教授ご逝去。

 

招待制のスイス国際中小企業学会「サンクト・ガレンの集い」にご紹介いただくなど、大変お世話になりました。

 

今朝、美しい奈良の街でご葬儀。 涙。

 

Img_1093

 

Img_1096

 

田中先生と言えば「サンクト・ガレンの集い」。
世界各国の中小企業研究者とネットワークをお持ちでした。

 

先生が書かれた英語の本を通じても、お名前が知れ渡っていました。

 

Reception_11_11_11_avec_prof_tanaka

 

 

 

 

2011年11月11日 中小企業の事業承継日仏シンポジウムのレセプションでのお元気なお姿。

 

安らかにお眠り下さい。 

 

Adieu Prof. Mitsuru Tanaka.

「失敗学」の権威 畑村洋太郎 講演会

2012年1月30日(水) 「失敗学」の権威 畑村洋太郎 講演会

Img_5309

「失敗学」の創始者による講演 とても勉強になりました。

・考えないで失敗する人は何度でも失敗する。 (どじ亀は耳が痛い)

・考えて失敗した人は、失敗に学び、同じ失敗をしない。

・新しいことに挑戦すれば失敗はつきもの。

・カーナビを使うとバカになる。 ワープロ使うと漢字が書けなくなる。 自動炊飯器を使うとコメの炊き方がわからなくなる。 →現実の実体験が重要。 

↓聴衆でぎっしり埋まった602教室↓

Img_5310

Img_5313

これからの私たちに必要な

4つのことがら

・自分で見る

・自分で考える

・自分で決める

・自分で行動する

-独立した強い「個」を作る。

-強い「個」が全体を共有する。

Img_5314_2

やっと合格できました。

やっと合格できました。

15年かかりました。

     一次の筆記に不合格。

→ あきらめ10年間。

→ 英検取得者への一次免除制度が導入後、再挑戦開始。

→  面接に3回落ちて、4度目の挑戦で。

1996年に仏語部門で資格取得してから、15年間、長かった。

・通訳案内士 英語

合格者(『官報』2011年2月4日)

http://kanpou.npb.go.jp/20110204/20110204g00023/20110204g000230007f.html

2010年度 通訳案内士試験 2次 口述試験

試験会場 京都 宝ヶ池 国際会議場

2010年12月5日(日) 午前10時~

試験時間 8分

試験官 A:日本人男性  B:外国人女性

A: May I have your name?  And where do you live?

B: What do Japanese do on New Year's Day?

B: What is Ozoni?

B: What do Japanese eat for breakfast?

B: What is the main industry in Japan?

A: Could you tell us the main industry in Kyoto and Osaka?

A: もしガイド試験に合格されたら、どのようなガイドになりたいですか?

********************************

感想:

最後の日本語の質問で日本人の試験官にアピールできたと思う。

(,過去3年、日本語の質問はなかった。)

肝心の英語は最初の質問でつまづいた。

練習不足で、相変わらず言葉がうまく出ない。。

The long and winding road that leads to a guide licence in English.