倒産関係の記事にコメント

これまでに2度ほど倒産関係の記事にコメント

 

https://www.sbbit.jp/article/cont1/35503

 

https://www.sbbit.jp/article/cont1/34270

 

 

 

続・市民マラソンがスポーツ文化を変えた 関西大学出版部

関西大学経済・政治研究所 スポーツ・健康と地域社会研究班

亀井克之 杉本厚夫 西山哲郎

増田明美 吉田香織 尾久裕紀

協力 打越忠夫 白方健一 M高史

『続・市民マラソンがスポーツ文化を変えた』

関西大学出版部

2020年3月31日

ピーター・メイル 南仏プロヴァンスの25年 あのころと今 

ピーター・メイル『南仏プロヴァンスの25年 あのころと今』池央耿(いけ・ひろあき)訳  河出書房新社 2019年11月30日

Peter Mayle, My Twenty Five Years in Provence: Reflections on Then and Now, 2018.

 

・Isle sur la Sorgueの盲導犬学校 MIRAの話 140ページ~

・128ページ 下の写真 BuouxのLa Grande Bastideの遠景

・カフェに1人あり レストランに1人は?

日本のワイン法 蛯原健介

蛯原健介 『日本のワイン法』虹有社 2020年

第1章 酒類関係法とワイン業界の自主基準

第2章 日本の「ワイン法」の誕生 ~2015年国税庁告示~

第3章 厳格化された日本のワインの地名表示

第4章 地理的表示 ~ただの地名表示と何が違うのか

第5章 GIワインの生産基準 ~「山梨」と「北海道」~

第6章 ラベル表示のルール

第7章 グローバル化の中のワイン法

 

第一人者がラベル表示や地理的表示を中心に解説。

詳細な解説。

写真による実例提示によりイメージがわき、とてもわかりやすい。

その一例として、97ページに熊本ワインが新設した菊鹿町のワイナリーの写真。

「山鹿市に隣接する熊本市で醸造しても「菊鹿」の地名をラベルに表示できるが、2018年に山鹿市菊鹿町にワイナリーが新設され、醸造がはじまった」(97ページの写真の説明。94ページ~97ページの「表示する地名が示す範囲に醸造地がない場合」におあたらない場合とは?」の節より)

クラシック音楽全史 松田亜有子

松田亜有子『クラシック音楽全史』ダイヤモンド社 2018年10月10日

ビジネスに効く世界の教養

言葉を越えた音楽こそ世界共通のビジネスツールだ

 

初心者にやさしい本。

 

196ページと197ページにある

クラシック音楽入門者向け おすすめ10曲

1.  バッハ ブランデルグ協奏曲 第5番

2. モーツァルト 交響曲第41番 『ジュピター』 

3. ベートーヴェン 交響曲第5番 『運命』

4. ブラームス 交響曲第2番

5. ベルリオーズ 幻想交響曲

6. マーラー 交響曲第1番『巨人』

7. ドヴォルザーク チェロ協奏曲

8. チャイコフスキー 交響曲第6番『悲愴』

9.  ショスタコーヴィチ ヴァイオリン協奏曲

10.コープランド クラリネット協奏曲

 

205ページから200ページには

クラシック音楽が観て楽しめる映画30選

 

 

 

決断力にみるリスクマネジメント

『決断力にみるリスクマネジメント』(ミネルヴァ書房)を刊行しました。

Asahi20170816


Amazonでのご注文

Amazon

『成功者は、だから努力をせずにセンスを磨く』

「不祥事・トラブルを未然に防ぐリスク管理力を磨く」(107ページから129ページ)を監修しました。

Polish_sense

『成功者は、だから努力をせずにセンスを磨く』
成功とは1%の努力と99%のセンスである!
これまでのビジネスの教科書では教えてくれなかった
成功者たちの“センス”の磨き方を公開

ソフトバンクの孫正義氏、楽天の三木谷浩史氏など、若くして成功を収めた経営者たちは、常人とは違う圧倒的な“センス”を持っています。数字を読む力、ビジネスチャンスを掴む嗅覚、リスクを回避する危機管理力、そして運…。そんなビジネスの成功をつかむために欠かせない“センス”を、彼らはどうやって身につけたのでしょうか? その答えを探すため、成功者たちの行動や習慣を、専門家の方々が徹底分析! そこから見えてきた圧倒的なセンスの磨き方とは? これまでのビジネス書では決して教えてくれなかった成功するための“センス”の磨き方を公開します。

(マルコ社のサイト  http://marcosha.co.jp/ より)

出版おめでとうございます。

新作読了

読み終えました。 フィンランドの場面が印象的でした。

Nouveau roman de Haruki Murakami.

Img_1344

Img_1342

『指導者の条件』松下幸之助 Real Leader's requirements

(未完成)

『指導者の条件』松下幸之助 

Real Leader's requirements, Konosuke Matsushita.

初版 1975年 PHP研究所

1. あるがままにみとめる

2. いうべきいう

3. 怒りを持つ

4. 一視同仁

5. 命をかける

6. 祈る思い

7. 訴える

8. 落ち着き

9. 覚悟を決める

10.価値判断

11.過当競争を排す

12.諫言(かんげん)を聞く

13.寛厳自在

14.感謝する

15.カンを養う

16.気迫を持つ

17.きびしさ

18.決意を強める

19.権威の活用

20.原因は自分に

21.謙虚である

22.権限の委譲

23.見識

24.公平である

25.公明正大

26.志を持つ

27.心を遊ばせない

28.こわさを知る

29.最後まで諦めない

30.自主性を引き出す

31.私心を捨てる

32.指導理念

33.自分を知る

34.使命感を持つ

35.自問自答

36.衆知を集める

37.出処進退

38.小事を大切に

39.仁慈の心

40.信賞必罰

41.人事を尽くす

42.辛抱する

43.信用を培う

44.信頼する

45.好きになる

46.すべてを生かす

47.誠実である

48.責任感を持つ

49.世間に従う

50.説得力

51.世論を超える

52.先見性

53.先憂後楽

54.即決する

55.率先垂範

56.大義名分

57.大事と小事

58.大将は内にいる

59.大将は大将

60.大所高所に立つ

61.正しい信念

62.ダム経営

63.調和共栄

64.使われる

65.適材適所

66.敵に学ぶ

67.天下のもの

68.天地自然の理

69.天命を知る

70.徳性を養う

71.独立心

72.とらわれない

73.努力する

74.長い目で見る

75.なすべきをなす

76.人間観を持つ

77.人情の機微を知る

78.熱意を持つ

(続く。。。)

79.80.81.82.83.84.85.86.87.88.89.90.91.92.93.94.95.96.97.98.99.100.

101.102.

『サルコジ -マーケティングで政治を変えた大統領 -』 Sarkozy

国末憲人『サルコジ -マーケティングで政治を変えた大統領 -』 (新潮選書,2009年)

を読み終えました。

Img_6661

明日6日、フランス大統領選挙の決選投票が行われます。 

左派のフランソワ・オランドと右派・現職のニコラ・サルコジとの一騎打ち。 世論調査ではオランド優位が伝えられています。 しかし、金曜日の世論調査では、当初開いていた差が縮まってきました。 サルコジ時代は終わりを告げるのか。 逆転はあるのか。 

Francoishollandevisuel

フランスの人気テレビ番組の風刺人形劇「Guignoles des info」でのオランド。

Les_guignols_quotidien_090217_can_7

フランスの人気テレビ番組の風刺人形劇「Guignoles des info」でのサルコジ。

今から3年前の2009年の時点で、朝日新聞のパリ支局長を務める筆者は、ブッシュ政権に言及して、次のように締めくくっていました。

「企業が上り調子にある時にリーダーシップと強権ぶりを誇示していたワンマン社長が、退潮傾向に陥った途端に全力を尽くして保身に走る姿に似ていた。

サルコジも、そのような道を歩む危険をはらんでいる」

サルコジについての本で興味深かったのは、

・サルコジが大統領に当選した時、当時のサルコジの妻であったセシリアの好みで大統領側近の人事の一部がなされていたという、びっくりするような事実。

・サルコジがヌイイの市長時代に、幼稚園児を人質にとって閉じこもった犯人と自ら交渉して、次々の人質を救っていった事実=リーダーシップ。

・恋愛大国おフランスの政治家・セレブの相関関係。

・サルコジが、大統領選挙第2回投票で戦った社会党のセゴレヌ・ロワイヤル女史が苦手で、尊敬している一面があるという事実。